太陽光発電事始め

  • 2014.03.12 Wednesday
  • 11:48
今日は晴れているけどスッキリしない空が広がっている。
春霞、あるいはPM2.5といった感じ。

ただ、今朝ほどは青空が見えていた。

9:38 ゆりあ




で、太陽光発電のことに少しだけ触れたところ、注目記事に入っていた。

知り合いの同業者と話したところ、相談事例でも多いらしい。
要は事業所得か雑所得なのか、耐用年数はどれだけか、ということのようである。

そこで、ほんのさわりだけをご紹介してお行きたい。

事業所得か雑所得に関しては国税庁サイトに3コンテンツがアップされている。

自宅に設置した太陽光発電設備による余剰電力の売却収入
事業所得と雑所得の判断基準、耐用年数が解説されている。

自宅兼店舗に設置した太陽光発電設備による余剰電力の売却収入
内容については表題のとおり、簡単な計算事例が記載されている。

賃貸アパートに設置した太陽光発電設備による余剰電力の売却収入
特別償却、税額控除に関する「なお書き」は要注意である。

ところで、事業所得に該当するか否かに関し、
資源エネルギー庁サイトには「全量売電」の場合のその見解が記されている。

資源エネルギー庁 クリーン投資減税
以下引用する。

例えば、電気主任技術者の選任を行っている場合(出力量50kW以上の場合)は、一般的に事業所得になると考えられます。
なお、出力量50kW未満の場合であっても、次のような一定の管理を行っているときなどは、一般的に事業所得になると考えられます。
‥效呂両紊棒瀏を設置した場合で当該設備の周囲にフェンス等を設置しているとき
土地の上に設備を設置した場合で当該設備の周囲の除草や当該設備に係る除雪等を行っているとき
7物の上に設備を設置した場合で当該設備に係る除雪等を行っているとき
つ村擇靴新物や土地の上に設備を設置したとき
など
(注)自己の建物の上に設備を設置した場合で特段の管理を行っていないときは、雑所得になります。

この見解が国税庁に照会後のものなのか否か、現段階では不明である。
素人考えでやっちゃうとあとでエライ目に遭いそうなので、専門家に尋ねられることをお勧めしたい。

このレベルになると無料相談では対応できないじゃないかと思う。
くれぐれも慎重を期していただきたい。

最後に、特別償却・税額控除に関しては措置法10条の2の2に規定されている。
長い条文だけど一読、じゃなくて精読をお勧めしたい。

(エネルギー環境負荷低減推進設備等を取得した場合の特別償却又は所得税額の特別控除)
第十条の二の二 青色申告書を提出する個人が、現下の厳しい経済状況及び雇用情勢に対応して税制の整備を図るための所得税法 等の一部を改正する法律(平成二十三年法律第八十二号)の施行の日から平成二十八年三月三十一日までの期間(第三項において「指定期間」という。)内に次に掲げる減価償却資産(以下この条において「エネルギー環境負荷低減推進設備等」という。)でその製作若しくは建設の後事業の用に供されたことのないものを取得し、又はエネルギー環境負荷低減推進設備等を製作し、若しくは建設して、これをその取得し、又は製作し、若しくは建設した日から一年以内に国内にある当該個人の事業の用に供した場合(第一号に掲げる減価償却資産を貸付けの用に供した場合、同号イ及びロに掲げる減価償却資産を電気事業法 (昭和三十九年法律第百七十号)第二条第一項第九号 に規定する電気事業の用に供した場合並びに第二号 に掲げる減価償却資産を住宅の用に供した場合を除く。第三項及び第六項において同じ。)には、その事業の用に供した日の属する年(事業を廃止した日の属する年を除く。第三項及び第十二項において「供用年」という。)の年分における当該個人の事業所得の金額の計算上、当該エネルギー環境負荷低減推進設備等の償却費として必要経費に算入する金額は、所得税法第四十九条第一項 の規定にかかわらず、当該エネルギー環境負荷低減推進設備等について同項 の規定により計算した償却費の額と特別償却限度額(当該エネルギー環境負荷低減推進設備等の取得価額の百分の三十に相当する金額をいう。)との合計額(次項において「合計償却限度額」という。)以下の金額で当該個人が必要経費として計算した金額とする。ただし、当該エネルギー環境負荷低減推進設備等の償却費として同条第一項 の規定により必要経費に算入される金額を下ることはできない。
一 エネルギーの有効な利用の促進に著しく資する機械その他の減価償却資産で次に掲げるもののうち政令で定めるもの
イ 太陽光又は風力の利用に資する機械その他の減価償却資産(電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法 (平成二十三年法律第百八号)第三条第二項 に規定する認定発電設備に該当するものに限る。)

以下、略(税理士窪田)





あと、正味5日間、
気合を入れてがんばりませう!w

 


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
 

派遣で商工会へ!

  • 2014.03.07 Friday
  • 12:46

いつのまにか7日、申告期限まであと10日となった。

2/22の段階で残り2件となったので余裕で遊んでいたところ、
あと10日、アセアセ!である。

しかも2件とも手間のかかる事案!w

さて、今年も税理士会からの派遣で商工会へ行ってきた。
昨日で2回目、来週もう1回行くことになっている。

2/27 旧会長室で




昨年の派遣先とは異なるC商工会、
今回も100%電子申告の予定だったのだが、数%も達成できそうにない。
 
税務署長から、「昨年は0だったのでよろしく!」みたいな協力要請の電話があったのだが、
無理ってものである。

というのは、市町村合併に伴い、昨年3町の商工会が合併したのだが、
大幅な人員削減があったようなのである。

商工会長は車で1時間ぐらいの旧A町商工会に、
事務局長は車で30分ぐらいの旧B町商工会にしか設置されてない。
 
すなわち、C商工会には会長も事務局長も存在しない。
そればかりか、経営指導員も2名から1名に減員となってしまった。

しかも、異動して来たばかりの方。
おまけに会計ソフトが新しくなったばかりで・・・

とまあ、そんなわけで電子申告を「無理強い」w するような状況にはないのである。
数年前は電子申告をやっていたらしいのだが。

見たところ、
次回までの1週間ではとてもじゃないけど終わりそうにない。

そんなわけで、さらにお手伝いすることになりそうだ。
昨日も電子申告用の設定や確認を不肖が行った次第である。


事務所のシクラメンが今年も咲いた。
確か8年目だと思うのだが、17花房が開いている。

3/3 13:39


 

水を切らさないようにしているだけなのだが、どういう訳か毎年咲いてくれている。
あ、声掛けもちゃんとしている。w

私の事務所は北向きだし、
夏場はねこ達のために0時ぐらいまでクーラーを入れているのでわりと室温がシクラメン向きなのかもしれない。

昨年6月に保護したレミ&ソラがかじったりタマとりしてボロボロになっていたので今年は無理かと思っていたのだが、
この状況、ちょっとうれしい。w

 


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
 

「質問てん末書等の作成のポイント」

  • 2014.01.16 Thursday
  • 14:17

なるものを入手したので早速チェックした。

この42頁の小冊子、
大阪国税局が税務職員向けに昨年12月に作成したもの、とのこと。





サンプルのQ&Aはご覧のように消されている箇所が多いが、
それでも参考になる。
写真の右下、判りにくいかもしれないが、
 
>誘導尋問と受け取られないように注意

などといった細かいアドバイスが記されていて楽しめる。
同業者の方には一読をお勧めしたい。


話は変わるが、
近辺のある事業所に調査が入ったそうな。

で、そこの関係者が
「調査に強い税理士に頼んでいるのだが、今回の結果によっては変えるかもしれない」
と言ったとか言わなかったとか。

はて、ここらに「調査に強い税理士」がいたっけ?

管内の税理士は現在25名ぐらいだったと思うが、そのうち少なくとも15名ぐらいが税務署上がりだったと思う。
(付き合いがないので正確な数値は判らない)

過去、拙事務所と無関係の納税者に話を聞く機会があったが、
どうやらここらでは、

税務署上がり=税務調査に強い

という認識がまかり通っているようである。
まあ、中にはそういう人物もいるかもしれないが、

笑止千万!!

都市伝説ならぬ田舎伝説の類いに違いない。
税務調査に強くなるためには日々研鑽する必要がある、最終的に課税庁と戦う可能性がある以上。

南九州税理士会会員数:2046名、
のうち鹿児島県連会員数は487名である。

不肖も参加している租税訴訟学会(税理士、弁護士、研究者等)の目的の一つは、

納税者に最も近い存在である税理士と、司法手続に明るい弁護士が協働し、租税訴訟の活性化に努力すること。 
  
である。
要は、最終的には裁判を通して納税者の権利を保護しましょうね!
ということを目的とする団体である(と理解している)。

5年ぐらい前の会員数が1500名ほどだったと思うが、
鹿児島県内には不肖を含めて4名しかいない!

4/487!

再度、記す。
税務署上がり=税務署に強い

この程度の認識しか持ち得ない経営者は所詮その程度、ということに他ならない。
と思う、極言するならば。

うちに来ない?ww

冗談はさておき、
経営者の方が税務署上がりの税理士に依頼されるときは、
税務職員としての経歴(担当部署)をよくよく確認されることをお勧めしたい。

(理由をここに記したのだが削除した。)
 
ところで、
税理私法改正に係る日税連の「税理士会」と税政連の「日本税政連」をようやくチラ見したが、
不肖に言わせれば、

大山鳴動して子鼠一匹!

不肖が両団体の長ならば腹を切らざるを得ない(痛いので辞職かなw)、
そんなレベル。

まあ、税政連に加入してないので余計なお世話だろう、
日税連会長は単位税理士会が選んでいるので間接的に繋がってはいるが。

因みに平成13年税理士法改正に関しては、
当時、税理士になる気はなかった不肖の意見が反映されている、
かもしれない。

改正の数年前、
ある条項に関してある代議士に尋ねられ、不肖が述べた意見がそのまま条文になってる箇所がある。

人生いろいろ、である。w


そうだ、
人生いろいろの小泉元総理&細川元総理、晩節を汚すことになるんじゃないのか?
と思うのだが、これも余計なお世話か。

東京都民の選択に注目!
である。

 


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
  

今年もあと2週間、年調で多忙なり!

  • 2013.12.16 Monday
  • 13:18

一番やりたくないw、年末調整のシーズン!
ようやく1件目の資料が届いた。

給与計算と年末調整ぐらい自分ところでやってよ!
というのがあらかたの税理士の「おもい」ではないかと思うのだが、どうだろう?

で、昨日は集落の清掃奉仕作業、
いつも通り6時からと思って早起きしたら外は真っ暗!

あとで聞いたところによると7:50からだったとのこと、
そりゃそうだ、暗くて作業どころではない。

7:06
寝坊助にとっては滅多に見られない朝焼け?




奉仕作業そのものは8時過ぎには完了したが、
路上に落ちた我が家の銀杏の清掃がやや手間取った。

でもって、昼からは生垣の剪定と庭木の伐採、
4週連続である。

 
12:51
まずは作業の前に、3番手の銀杏の下で昼食。
 



すぐにハズキがやってきて角でスリスリ!
 



読みかけの本は『山のパンセ』。
 



続いてはミズキ登壇!w
 



ようやく食事なり。
といってもコンビニのステーキ弁当だが。w
なお、コーヒーは事務所で淹れてポットで持ってきた。




コンビニ弁当も外で食するとそれなりにおいしいのだ!w
 
リリカ登場!
ハズキの顔とその横が黄色くボケてるが、偶然、落ちる銀杏の葉がそばを通過した次第。
 



銀杏はこんな感じ。




まとわりつくハズキ、
シッポがじゃま!
 


リリカなり。




13:38
これまたリリカなり。

枯れ葉の上を歩く時のカサカサという音がたまらなく気持ちいいい!




このあと剪定と伐採、16時ごろには一応完了した。

16:06
みいな帰還!
 



最後に、リリカ。
 


今週末も残りの剪定と伐採、
この分では、切り倒した木をチェンソーで細かくするのは年内には終わらないかもしれない。
草払いもまだ残っていることだし。

それにしても身体が軋んでいる。w
特に肩と腰が!


今週もがんばりませう!

 


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
 

研修、そして、洋上の虹!

  • 2013.11.20 Wednesday
  • 13:21

昨日はミロクの研修、
例によって鹿児島市まで往復。




 
会場は鴨池港近くのホテルだったので、
今回は垂水フェリー(垂水港−鴨池港)を利用した。

ちょうど昼時なのでフェリーに乗ると早速腹ごしらえ!w
12:28




てんこ盛りうどん¥700、正式名称は忘れた。w
船上で食べると非常においしく感じてしまう、なぜだろう?





さっさと食べ終え、桜島をパチリ。
12:40
 

 

小雨がパラついてきたので、キャビンに入り読書タイム。
しばらくして外を眺めると、
なんと、洋上に虹が!!

12:45
 


 
これまで鹿児島市までフェリーを使い幾度往復したかわからないが、
こんな光景を目にしたのは初めて!

なので、ずっとデジカメを握りっぱなし!w
よく見ると上方にも虹が。

バックの山影はもちろん桜島である。

12:46
薄く見えるが、実際の見た目はこんな感じだった。


 

12:47
海鳥と虹と桜島
 


 
12:49
この頃がいちばんの見せ場だった。




これだけ見事な光景なのにデッキに出て眺める者は、
私の撮影に気づいたもう一人だけ、鹿児島県民は、まあこんなものである。w

せっかくの光景なので、
偶然フェリーに乗り合わせた鹿屋市役所職員に声をかけてデッキに引っ張り出した。w

虹の大きさがお分かりいただけるのではないだろうか。
もっとも、広角24mmで撮っているので遠近感が強調され、実際よりも小さく写っているのだが。

12:51




やがて青空がのぞき、虹は跡形もなく消えてしまった。
12:56




お陰様で10分足らずのドラマチックな景色を堪能することができた。

と、ホテルの会場に着いて窓の外を眺めると、
またもや虹が。

13:33




虹の根元をズームで撮ったのがこちら。
海上自衛隊の潜水艦が小さく写っていることに帰ってから気づいた。w

13:34




上の写真は研修前に撮ったもの、
研修は13:30に始まったので、どうやらデジカメの時計が4分程度進んでいるようだ。

こちらは研修中に撮ったもの。

14:47




でも、しっかり勉強はしたのだ。w





今回の研修、参加者は10名にも満たなかったが、
 
参加して正解、
内容的には結構満足できるものであった。





16:30に研修が終了し、
海岸沿いの遊歩道?をプラプラ歩いて鴨池港に向かっていたら「にゃんこ達」と出くわした。

16:50
なかなかユニークな顔をしていてうれしくなってしまった。w




16:51
こちらのねこはかなり警戒していた。




17:01
垂水からのフェリーが到着し、この船で帰ることに。




17:14
暮れなずむ桜島上空。




虹といい、研修といい、実り多き一日であった。
ま、たまにはこんなことがあってもいいだろう。w

 


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ


【追記】
昨日、県内では他でも各所で低い虹が見られたようである。

今日はミロク研修!(研修あれこれ)

  • 2013.10.17 Thursday
  • 10:37

研修会場まで往復4時間近くかかるので迷ったんだけど、
テーマが「最近の裁決のポイント「法人税」〜審判所傾向を検証して〜」
と、面白そうなので参加することにした。
 
これまでは、鹿児島では年2回しか開かれなかったと思うが、今年度は3回、
いい傾向である。
 【10/20追記】(従前から年3回開催されていたとのこと、訂正します)
4回ぐらい開催してくれると尚一層歓迎するのだが。
 
なお、ミロクの年会費は24,000円で、研修時の資料代は1500円。
他方、エッサム(年会費12,000円、資料代は別)の鹿児島県内での開催は年2回だったと思うが
20,000円の追加でDVD会員になると年間10枚のDVDを送ってくれる。
 
それだけで30時間分、
もちろん、実際に出向いて聴かない限り税理士の研修時間にはカウントされないが、
タメにはなっている。
 
他にも、毎月「お勉強」DVDが送付されてくるので、年間を通すと結構な時間になっていると思う。
FBにハマり、「お勉強」タイムに差し障りが出ていたのだが、
FBから足を洗った現在、再び日々勉強の生活に戻れた(ような気がするw)。
 
一昨日の夕景。

 
その他の画像(画像上をクリックすると拡大されます)はこちらでどうぞ!
 

 
昨夕のゆりあ。


 
その他の画像(画像上をクリックすると拡大されます)はこちらでどうぞ!
http://nyan2.blog.jp/


↓ ポチッしていただけると幸甚の極み!w
 


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
 

依頼人から8100万円詐取、元税理士に実刑!!

  • 2013.06.20 Thursday
  • 15:48
 
まさか続くとは!!

懲役4年6月の実刑判決(求刑・懲役7年 6/19福岡地裁)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130619-00000073-mai-soci

現在、70歳。
ということは出所時には75歳...哀れだな。





それにしても9億円の借金、
何に使ったらこんな額に膨れあがるのだろうか?

いつ、なぜに、
プロの矜持を失くしてしまったのだろうか?

疑問は尽きない。




にほんブログ村 士業ブログへ

明日から申告モード!

  • 2013.02.14 Thursday
  • 17:26
 
確定申告、
早いところは、すでに中盤戦に入ってる所もあるかと思うが、
我が事務所は至ってのんびり。



                                        2/13 8:45

可能な限り個人事業者は受けないようにしているので、
(減らしてきたので)
それほど慌てることはないのである。

で、今日は下準備、ということで事務所の掃除を行った。
といっても、
古新聞や書類を片付け、ちょこちょこっと整理しただけ、であるが。w

まあ、それでも、しないよりした方が、
気持ちがスッキリなって仕事が捗るというものである。

写真はヒヨドリ。
数日前、トリ写真に目覚めてしまった!w





我が家の庭、
事務所の道路向かいにある、空き地横の銀杏などに鳥たちがやってくる。

我が家の場合、
なかにはネコ達の餌食になる哀れな鳥が出てくるのだが、
空き地横の場合、ゆりあは見上げるだけなのでその心配はない。

そういえば、今年はまだスズメのお土産もない。
有り難いことである。w


今年の確定申告、
余裕をもって片付けたいものである。




にほんブログ村 士業ブログへ

せっせと「特例納付書」作成中!

  • 2012.07.04 Wednesday
  • 12:20
 
特例納付書、
(1月から6月までの源泉所得税を納めるための納付書のこと。 ←ラフな説明だ!w)
をセッセと作成している。

お客さんところで作成してくれるといいのだが、
なかなか難しい。

作成しても間違っていたりするとあとが面倒なので、
結局、こちらで作成することになる。

これまでは持っていったり取りに来てもらっていたけど、
今回から全面的に郵送に変えた。

時間の無駄、だからである。

ところで、快晴とはいかないけど、
梅雨明けみたいな空が広がっている。

今朝ほどは玄関先の木にクワガタを5匹確認したので、
夏はそこまで来てる、という感じかな。

で、紫陽花。w

滴の中の紫陽花、
今回のはピントもそこそこ、ブレもほぼ見られないものが撮れた。


                                                            7/2 17:51

我が家の紫陽花はいましばらくは持ちそうだが、
梅雨が終われば見向きもされない悲しい存在になってしまう。w

まだまだアップしてない写真が沢山残っているんだけど、
そろそろお仕舞かな。




にほんブログ村 士業ブログへ

蜚鳥尽きて良弓蔵せられ、狡兎死して走狗煮らる。

  • 2012.02.15 Wednesday
  • 11:57

蜚鳥尽きて良弓蔵せられ、狡兎死して走狗煮らる。
    ひちょうつきてりょうきゅうぞうせられ、こうとししてそうくにらる。



                                                  2012/2/12 17:40

今朝の日経「春秋」にあった、 「狡兎死して走狗煮らる。」の全文である。 

飛ぶ鳥を射尽くしてしまうと優れた弓は蔵にしまわれ、
俊敏な兎を狩り終えると猟犬は煮られて食べられてしまう。

という意味である。
現代風に換言すると、

優秀な部下は役に立つ時は大いに使い貢献させるが、
やがて事が成就し不必要になると簡単に遠ざけられる。

ということになろう。
「春秋」では 越の将軍;范蠡(はんれい)と、
後年、この成語を口にした漢の将軍;韓信(かんしん)とを対比させて論じている。

范蠡は実業界に身を転じ成功を収めたが、
韓信は劉邦の命により処刑された。  

春秋子に言われるまでもなく、
身につまされる方が多いかもしれない。

どんな熱烈な関係であっても、いずれは冷める。
これは周知の事実であろう。

別にサラリーマンだけでなく、この業界でもありそうな話である。

1.切り捨てられる。
2.頃合を見ていい条件の時に身を引く。
3.事が済んだら即刻関係を絶つ。

このいずれを選択するかは本人次第。
まあ、2.がベストか?

椿の花は、
まだ盛りの時に全体が枝から離れる。



                                                  2012/2/12 17:46

薔薇のように、
最後の1枚まで枯れた花弁をさらすことはない。

椿は、
退き時を心得ている花かもしれない。

ただ、最悪、1.の事態になっても、
それ以上に事態が悪化しないよう手立てを講じておくべきことは言うまでもない。

他人に使い捨てにされないためには基本的な心構えと解する。

もっとも、
鼻っから大して役に立たないのであれば、なんら心配するには及ばないだろうが。w




にほんブログ村 士業ブログへ

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

本日の名言・格言

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

法と経済学
法と経済学 (JUGEMレビュー »)
スティーブン・シャベル

recommend

recommend

recommend

新しい行政不服審査制度
新しい行政不服審査制度 (JUGEMレビュー »)
橋本 博之,青木 丈,植山 克郎

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

税務訴訟と要件事実論
税務訴訟と要件事実論 (JUGEMレビュー »)
平野 敦士,佐藤 善恵,村井 淳一,岡野 訓

recommend

recommend

租税訴訟実務講座
租税訴訟実務講座 (JUGEMレビュー »)
大野 重国,木下 雅博,東 亜由美

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

法と経済―効率性と社会的正義とのバランスを求めて
法と経済―効率性と社会的正義とのバランスを求めて (JUGEMレビュー »)
ジェフリー・L. ハリソン, Jeffrey L. Harrison, 上田 純子

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM