昨夜の金星と月、久々に晴れました! −Nikon Coolpix P900 first light−

  • 2015.06.29 Monday
  • 12:34


 
昨日は昼過ぎから空が明るくなり夕方にはすっかり晴れ渡りました。

夕方の西空には金星と木星が、南東の空には月が見えていたので、


金星と木星





 
届いて間もない高倍率ズームコンデジ;Nikon P900で月を撮ってみました。


超解像ズーム3200mm(すべて換算値です)






発売後しばらくして人気を博し在庫なしで価格が跳ね上がっていたP900、
ようやく出回るようになりました。

光学ズームで83倍、24mmから2000mmのズーム、
発売当初は大して期待されてなかったのですが、ある方が撮った鳥の写真で一気に需要が高まりました。


デジタルズーム8000mm






超解像ズームでは4000mmまで、デジタルズームでは8000mmまで伸ばせます。
まあ4000mmぐらいまでだったら何とか見られる画質です。

私の写真を見て、
写真仲間もこれから買いに行くことは間違いないと思います。w


デジタルズーム8000mm






機能的にいろいろ不満はありますが、
このズームの前には大したことではないように思えます。

CanonもFUJIも続いてほしいものです。w


金星
デジタルズーム8000mm
ホントの形状は三日月なんですけど露光オーバーで半月状になってしまいました。w






三日月状の金星、
かつて天体望遠鏡でのぞいてようやく確認できるぐらいだったのにコンデジで録れてしまう、
全く以て驚愕の世界です。


最後に8000mmでの動画を。





さて、明日が申告期限、今夜は徹夜になりそう!


 


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

 

皆既月蝕(4/4)

  • 2015.04.08 Wednesday
  • 12:06

遅くなりましたが、
4/4の皆既月蝕の画像&動画を。

なお、今回の月蝕、月は地球の影の外周部ギリギリを通過して行ったので、
皆既時間はたったの12分間(20:54〜21:06)でした。

4/4 21:27
皆既21分後の月
 



実は、
皆既中は厚い雲に覆われマトモなものが撮れませんでした。


19:45
月食前の状況




動画
19:44〜
雲の様子がわかるかと思います、
ン? 空を覆う一面の雲?ヘンな表現ですね!w



 
20:40
皆既14分前の月




動画
20:40〜




21:01
皆既中の月

雲を通して何とか撮れました。
左上が明るく写っていますが、地球の影ギリギリだった部分です。




21:01
ターコイズフリンジ(ブルーベルト)
上の画像を強調処理しました。
 
我が国では昨年10月の皆既月食の時に話題になった現象です。
従前の月蝕でも見られた現象なんですが、レンズの影響とか思われ見過ごされていたのです。





ターコイズフリンジ:
皆既月食で月が地球の影に完全に隠れる前後に、月の縁が淡い青緑色に輝いて見える現象。「ブルーベルト」「ブルーバンド」などとも呼ばれる。太陽光が成層圏のオゾン層を通過する時に赤色が吸収され、残った青色が本影(太陽光がほぼさえぎられた地球の影)の縁に沿って映ることによって出現する。2008年にNASA(アメリカ航空宇宙局)のサイトで紹介され、その後、日本でも注目されるようになった。
コトバンクより


21:19
皆既後、月が姿を現してきました。
(HS50EXR 超解像ズーム2000mm×1.7テレコン)

ターコイズフリンジが判るよう強調してます。




21:20
ノーマルでも薄らとターコイズフリンジが判ります。




21:27
最初にアップした画像です、ちょい気に入ってます。



23:01
ほとんど姿を現した月、右上がまだ地球の影にかかってます。




4/6 0:09
すっかりいつもの姿に戻りました。

気流が悪かったようで縁がギザギザになってます。




0:54
階下の駐車場にて




次回の皆既月食は3年後の1月に起こります。
桜の時期に起きるのは17年後、長生きしないといけません!



にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
 

さらばラブジョイ彗星!

  • 2015.01.26 Monday
  • 13:06

23日、この日は晴天に恵まれたので、
山道をちょうど1時間かけて遠征してきました。

その甲斐あって、
ようやくラブジョイ彗星の尾を撮ることができました。

昴とラブジョイ彗星
23:03〜10分間露光





長い尾を引いています。

彗星の尾はその核が太陽風(太陽からのプラズマ)を受けて発生するものです。
一般的にはイオンティルと呼ばれています。

オリジナルの画像はほぼ真っ白け、
そこから補正してこのような画像にするわけですが、

ホワイトフレームを撮ってないため、
レンズの周辺減光により補正がなかなか困難を極めます。

なのでカラーを削除しコントラストを強めてみました。
これだと尾が強調され判りやすくなります。






これを反転させるとさらによくわかるのですが、
このへんで止めておきます。w

ラブジョイ彗星、このあとどんどん遠ざかって行きます。
再びお目にかかれるのは8000年後、


まあ、
機会があれば眺めてみたいものです。ww

 


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
 

昴(M45)とラブジョイ彗星とオリオン大星雲(M42)

  • 2015.01.19 Monday
  • 12:54

17日の夜、
SNS仲間に誘われ輝北天球館まで行って来ました。

寒かったです!!
指先がかじかんでポタ赤のクランプを回すのに苦労しました。w

撮影場所は天球館の下の方の駐車場、
外灯の光が届かない片隅で撮りました。


昴(プレアデス星団、M45)とラブジョイ彗星

1/17 21:57




尾を出すため明るくしたので画像が汚くなってしまいました。w

この画像では彗星の尾がほとんどわかりませんが、
この日の尾はM45を超えてはるか遠くまで伸びていたのです。

こちらのサイトの画像でご確認ください。
唖然とするぐらい伸びています。w


M45とラブジョイ彗星の、近くのオリオン座も撮ってみました。

1/17 21:27

露光時間5分間の1枚撮りですが、馬頭星雲も写っています。
          ↓ ここらへんの縦長の赤いガス雲





M45付近をトリミングして画像処理してみました。





今回はタムロン70-200mmF2.8ズームの200mmで撮りました。
次回はSIGMA150-500mmズームの500mmで撮ってみたいと思います。

500mmだと私のポタ赤では長時間露光ができないので、(星が流れてしまいます)
30秒露光を20枚程度撮りスタックしてみるつもりです。


ではまた





にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
 

金星と水星と、ラブジョイ彗星!

  • 2015.01.13 Tuesday
  • 12:06

昨日は快晴、PM2.5&降灰なし、絶好の撮影日和ということで、
話題のラブジョイ(ラブ女医w)彗星、金星と水星を撮ってみました。


まずはラブジョイ彗星、
ラブジョイさんが発見した5個の彗星のうちの一つです。

1/12 21:24




この画像ではよくわかりませんが、
エメラルドグリーンのとてもきれいな彗星です。





肉眼でも見えます。
今夜あたりは望遠レンズを使って撮るつもりですが、天気次第です。


続いては夕方の金星と水星。
私の場合、水星を見るのは中3の時の太陽面経過のとき以来。

なかなか見る機会がない惑星です、水星は。

いつもの橋の袂で待っていたのですが全然見当たらない!
 
17:55




ヘンだな?
と思いよくよくチェックしたらこの画像のはるか左に金星の姿が。w

方角的に堤防の土手に下りるしかありませんでした。
右側の街路灯の左側に写っています。

18:00




ちょっと拡大。
明るい方の星が金星、その右下に位置するのが水星です。

18:01




18:04




超解像ズーム1200mmで撮ってみました。

18:13




次第に暗闇に包まれ、
金星&水星の高度も低くなっていきました。

18:19




これでは判りにくいかもしれませんが、
中央上部には火星も写っています。

18:23




22日ごろには、
三日月と金星と水星、そして火星との共演が楽しめそうです。

夕方、西の空を眺められるとすぐにわかるかと思います。
よろしければどうぞ!


 


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

 

天文講演会のご案内 (地域限定)

  • 2014.12.06 Saturday
  • 13:38

はやぶさ2、打ち上げ成功、軌道にも順調に乗り、よかったですね。
6年後の帰還が楽しみです。

はやぶさ2  打ち上げ成功

さて、明日なんですけど(来週だと勘違いしてました)、
鹿屋市吾平町で天文講演会が開催されます。

題して、
「最新の宇宙の姿と天の川銀河の謎解き」

講師は郷田直樹国立天文台教授、
せっかくの機会ですのでお子さんと一緒にいかがでしょう?





こちらが全面版です。






吾平町振興会館の場所はこちら





初代「はやぶさ」は当地の内之浦から打ち上げられましたが、
はやぶさ2は種子島宇宙センターからになりました。

地元民としてはちょっと残念、
まあ、H-Aには内之浦宇宙空間観測所が対応してないということなんでしょうね、
仕方ないです。w

宇宙センターのある南種子町と肝付町は、
昨年「宇宙兄弟宣言」を調印し宇宙兄弟都市になりました。

ま、いいんですけど、
宣言後、当肝付町はその名にふさわしい「催し」をやったかというと、
う〜ん、聞こえてきませんね。

内之浦の銀河アリーナにある、高価な30cm天体望遠鏡は相も変わらず眠りこけているようですし、
宇宙兄弟都市の名にふさわしいことは何もやってないような?

無能な町役場職員ばかりじゃないはずなんですが、
困ったものです。

あ、失礼、
本格焼酎「宇宙兄弟」を5月に販売開始したそうです。

本格焼酎「宇宙兄弟」誕生!

この程度かよ!ww

あ、またまた失礼!
宇宙空間観測所の施設特別公開が先頃実施されたようです。

平成26年度 内之浦宇宙空間観測所 施設特別公開

今回、鹿屋市吾平町が開催する天文講演会、
こういうものが何故に肝付町で開催されないのか、理解に苦しむところです。

というか恥ずかしい限りです。

ハナシは変わりますが、
かわべ天文台(和歌山県日高川町のかわべ天文公園)をめぐる動き、
誠に以て残念なことです。

12/1をもって完全に閉鎖されたようです。

かわべ天文公園

残念な動きの一部はこちらで見ることができます。

わたしはなぜかわべ天文公園をやめたか

何処も大変なようで。


明日の講演会、お近くの方は是非どうぞ!


12/3 高山小学校




為政者(首長、議員、職員)が無能だと貴重な血税がドブに捨てられる、
という真理が図らずも発現された、いい見本かと思えます。

 


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
 

寒くなりました、秋&冬の星座。

  • 2014.11.19 Wednesday
  • 12:56

すっかり寒くなりました。

ネコ4匹がふとんの中にもぐり込んでくるので寝不足気味です。
暖かいですけどね。w

午前中は野鳥の撮影、夜は星空の撮影、
といった具合で結構忙しく動き回っています。


昨夜のショット。

11/18 20:42 8mmf3.5 180秒露光 ISO1600 
対角魚眼レンズなので上下方向170度ぐらいの範囲が写っています。




この池、暗闇では不気味なんですけど、
もうだいぶ慣れました。w

昨夜は1時間半ぐらい此処にいたんですけど、
灯りがなくても周囲の景色がだいぶ見えるようになりました。

人間の目は偉大です!

極々たまに車が通過します。
たぶん人影にビックリしたことでしょう。w


風邪などひかれませんように。

 


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
 

閏九月 十三夜(後の月、栗名月)

  • 2014.11.06 Thursday
  • 12:45

昨日は昼ごろから雲が出てきて夕方には空全体を覆った感じに。
しかしながら、出先で見上げていたところ雲間から月が姿を現しました。


17:36




17:42
全然雲がないように見えますが、薄い雲で覆われています。




17:43
雲越しの十三夜の月
明るい部分が雲に隠されてない箇所です。




急いで事務所へ向かいましたが、
どう見ても間に合いそうになかったので車を停めてパチリ。

 
17:57
月の上方には一面の雲。




17:58
もう1枚、雲に捉えられた姿。




戻ってから幾度か空を見上げましたが月は雲の中、
それでもメゲずに22時前に外に出てみると、
 
なんと、雲が少し切れて月がのぞいていました!

急いでセットして撮ったのがコレ。

21:55
 



車の中に三脚とカメラを入れたままにして置いたのが奏功しました。w
2階の事務所まで戻っていたら間に合わなかったかもしれません。
 
このショットの後、
動画を撮りましたが見てるうちに月は再び雲の中に。

 


・諦めない
・準備は万端に

何ごとも必須の条件なようで。w

171年ぶりの閏九月十三夜、
こうしてなんとか見ることができた次第です。


皆さんはいかがでしたか?

 


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
 

171年ぶり、閏9月 後の十三夜の月。

  • 2014.11.05 Wednesday
  • 12:15

今夜の月は、閏9月、後の十三夜。


Moon  River
2014/11/4 19:31



 
ネット上では「ミラクルムーン」だという用語が飛び交い、
いい加減な情報が出回っていますが、

普通の月です。w

古来、人々は旧暦中秋の名月を挟む2か月間にわたり月を愛でてきました。

今年の場合、以下のようになってます。
旧暦(太陰暦)が基準、()内は新暦(太陽暦)

盆の月 :陰暦7月15日(8/10)
二十六夜待:陰暦7月26日(8/21)
初月 :陰暦8月初旬(8/25〜30)
小望月 :陰暦8月14日(9/7)
十五夜(中秋の名月):陰暦8月15日(9/8)
十六夜 :陰暦8月16日(9/9)
立待月 :陰暦8月17日(9/10)
居待月 :陰暦8月18日(9/11)
臥待月 :陰暦8月19日(9/12)
更待月 :陰暦8月20日(9/13)
二十三夜月:陰暦8月23日(9/16)
十三夜(後の月):陰暦9月13日(10/6)


月の雫
11/4 19:08
 
月光に浮かび上がる神川大滝(錦江町)
 


普通はここで終わる所なのですが、
十三夜(後の月、陰暦9月13日)がもう一回あります、今年は。

後の十三夜:陰暦9月13日(11/5)

これは陰暦における「閏月」が今回171年ぶりに発生したことによります。
すなわち閏9月により十三夜が2回になったという次第です。
 
月と地球との距離が極端に近づき、大きな姿を見せるスーパームーンと異なり、
月はいつもの月と何ら変わるものではありません。

でも、閏9月は171年ぶり、
そういう意味ではミラクルなのかもしれません。

昨夜の月も眩しく輝いていました。
今夜あたりいかがでしょう、

古来の人々に倣い、後の十三夜の月を愛でてみては。


19:27
神川大滝吊り橋にて

左上方にはカシオペア座の一部が、その下方にはペルセウス座の一部が写っています。
月夜でも主だった星々は写すことができます。
 



晴れるといいですね!





にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
 

秋色の夕景

  • 2014.10.28 Tuesday
  • 16:38
彼岸花の写真シリーズで、
>さらに続きます。
と記してからすでにひと月以上、不誠実な不肖です。w

いまさら彼岸花はないので最新の写真から。

すっかり秋めいてきて、今朝などはかなり寒く感じました。
星々が煌めく季節です。

まずは昨夕の月。
小さいのでわかりづらいですが地球照が見えてます。
 
10/27 18:07




こちらは同じデジカメでズームアップしたもの。

35mm換算2000mmの超望遠ズームですが、
ここまでアップすると月の美しさが半減するような?

18:23




月を撮る前のいつもの橋、
化粧(補正)なしでこの色、秋色です。

18:06




ところで、月を照らしている太陽に巨大黒点が現れ、話題になりました。
日食グラスを使うと肉眼でも確認できたそうです。

でも、見えるのはあと数日、
このまま崩れなければ11月11日あたりに再び姿を見えすはずですが、
 
どうでしょうかね。

10/27(昨日)12:04 




こちらは本日の12:27
画像上で右へ移動しているのが判るかと思います。




日食グラスをまだ持っている方は試しにご覧あれ!
もしかすると肉眼で見えるかもしれません。

裸眼は目を傷めるので絶対に不可です!

ではまた

 


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
 

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

本日の名言・格言

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

法と経済学
法と経済学 (JUGEMレビュー »)
スティーブン・シャベル

recommend

recommend

recommend

新しい行政不服審査制度
新しい行政不服審査制度 (JUGEMレビュー »)
橋本 博之,青木 丈,植山 克郎

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

税務訴訟と要件事実論
税務訴訟と要件事実論 (JUGEMレビュー »)
平野 敦士,佐藤 善恵,村井 淳一,岡野 訓

recommend

recommend

租税訴訟実務講座
租税訴訟実務講座 (JUGEMレビュー »)
大野 重国,木下 雅博,東 亜由美

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

法と経済―効率性と社会的正義とのバランスを求めて
法と経済―効率性と社会的正義とのバランスを求めて (JUGEMレビュー »)
ジェフリー・L. ハリソン, Jeffrey L. Harrison, 上田 純子

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM