本日の「ごまめの歯ぎしり」

  • 2010.10.28 Thursday
  • 11:46
河野太郎代議士の仰ることがすべて正しい!
と、思っているわけではないが、

「まあ、読んでみてよ」
                     という次第である。

それにしても、
先日の稲田朋美代議士の代表質問、なかなかよかったね!
(おばの付き添いで行った病院の待合室で視た)

未来の自民党総裁か!?

ただね、

「卑怯者内閣」
「間抜け外交」

確かにその通りだけど、
(ついでに言わしてもらうと「国賊内閣」もアリだと思うが)
神聖な議場では慎むべきフレーズだとは思う。

自民党にも、
稲田代議士とか棚橋代議士など人材は多いんだけどなぁ。


......ごまめの歯ぎしり メールマガジン版......
       衆議院議員 河野太郎の国会日記
============================================
河野太郎のツィッターはこちらから! @konotarogomame

外務委員会。
前原大臣の国交相時代の旧悪を質問する。まるで国交委員会ではな
いかと大臣怒ってみせるが、ちゃんと質問通告をしている。国交委
員会では馬淵大臣が出てきてしまうから、やはり、外務委員会でな
ければ前原大臣には質問できない。

なぜ、前原前国交相は官僚の現役出向の対象先を拡大したのか?
役人の手のひらの上で転がされ、知らずに対象法人を増やしたのか
と質問する。

前原大臣は、自分が認めた法人だけを追加したと答弁した。

「では、大臣はどんな法人を認めなかったのですか。」
「いちいち役所の中の議論をここでつまびらかにしなければいけな
いのですか」と大臣、色をなす。
「では、いくつの法人を認めなかったのですか。」
「その答弁は差し控えたいと思います。」
「では、一つ以上の法人を認めなかったのですね。」
「その答弁も差し控えたいと思います。」

なんだ、結局、役人があげてきた法人を全部認めたんじゃないか。

長妻厚労大臣は現役出向の対象先の拡大を身体を張って止めたのに
前原国土交通大臣は大臣のなかでも最も多い15法人を増やしたじ
ゃないかと言うと、これは閣議決定したんです、長妻さんも閣議で
署名してるんです、長妻さん一人が良くて他の大臣はみんな悪いと
いうことはありません。

はいはい、閣僚みんな平等に悪かったんですね。
============================================

>はいはい、閣僚みんな平等に悪かったんですね。

ざぶとん3枚!!

神聖な議事堂内でレンホウ議員がグラビア撮影に興じたが、
感想を聞きたいものだ。

先の参院選でレンホウに票を投じた170万人都民に。

なお、
VOGUE NIPPON のブログに、写真入で記事がアップされていたが、
現在では削除されている。




にほんブログ村 士業ブログへ

相変わらずだな...

  • 2009.09.04 Friday
  • 16:54
本日の「ごまめの歯ぎしり」
まあ、
お読みいただければと思います。


......ごまめの歯ぎしり メールマガジン版......
       衆議院議員 河野太郎の国会日記
=====================================
渡辺喜美さんと電話で話す。
山内康一を救ってくれたお礼を申し上げる。
ダースベイダーがたくさん残って大変だねと同情される。

その残ったダースベイダー、やっぱりずれてる。

落選しても派閥の長は変わらない!?
誰にも期待されていない人物をトップに担ぐ集団に誰かが期待するのだ
ろうか。

小選挙区で落選し、比例復活した人物が総裁選挙に意欲!?
本来、次代を担う若手に議席を譲るべきなのに、それもせず、総裁選挙
に意欲というのは、ブラックジョークすぎる。

総裁選挙に出馬しないことを派閥の親分に報告し、了承される!?
そんなこと報告すべきものでもないし、了承するものでもないだろう。

誰からも期待されていないということがなぜ、ダースベイダーたちにわ
からないのだろうか。

議員会館は、来年夏には新会館に移動する。十ヶ月なのだが引っ越しの
後のクロスの張り替えなどを一律にやるのだろうか。
無駄づかい撲滅の視点からは、十ヶ月、我慢してねといいたいところだ
が。
=====================================


全然懲りてないようだ。
ハァ・・・




にほんブログ村 士業ブログへ

楽天・政治「公職選挙法クイズ」

  • 2009.08.28 Friday
  • 20:38
新米弁護士ミキベンの「公職選挙法と、わたし。」
というブログがある。

不肖クボタ、
初めて拝見したとき、
「しまった! 先を越された!!」
と思った。

ブログの狙いは、
いかに公職選挙法が実態とかけ離れているか!(いかにヘンチョコリンな法律であるか!)
ということの糾弾かな、と思う。

ミキベンさんのブログ、
実は、結構凝った作りになっていて、

架空の候補者を支援する架空の学生;ババくんのブログから、
ババくんの活動を公職選挙法に照らしてその違法性を判断し、

結果的に、
公職選挙法の「ヘンチョコリン」さを糾弾する仕組みとなっている。

ババくんのブログそのものが、
ミキベンさんの手によるものと推定されるが、
なかには、
騙されちゃう方もいるんじゃないかと思うほどの出来栄えである。

よろしければクリックしてください。

新米弁護士ミキベンの「公職選挙法と、わたし。」

で、本日夕刻のブログでは、
ミキベンさん監修の、

楽天・政治「公職選挙法クイズ」

が紹介されていた。

不肖クボタ、
戦線から離脱したとはいえ元代議士秘書、
早速チャレンジしてみた。

結果は、
あまりよろしくなくて(笑)
立候補準備に入りましょうラブ
であった。

小問を一つでも間違うと、
その問題の回答が即「まちがい」になってしまうので、
結構厳しい結果となった。

旧司法試験の「短答式」を想像してもらえばハナシが早い、
と思われる。
解いたことはないが(笑)。

おヒマな方は是非ともチャレンジしていただいて、
現行「公職選挙法」の、現実との乖離に目を見張っていただければと思う。

それにしても、ミキベンさん、

公選法とは、
なかなか目の付け所が優れていらっしゃる!




にほんブログ村 士業ブログへ

『日本を貶めた10人の売国政治家』−コラッ、何やってんだょ!◆

  • 2009.08.19 Wednesday
  • 21:25
7月に出たばかりの本である。
編者は小林よしのり。

この段階で、
「アイツか、しょうもない本を紹介するな!」
と謗りを受けそうだが、
読んでみて面白かったので敢えてご紹介したい。


日本を貶めた10人の売国政治家 (幻冬舎新書)
日本を貶めた10人の売国政治家 (幻冬舎新書)
小林 よしのり


序論「売国政治家とは何か?」
で「売国」の定義が示されている。
以下、12頁より引用。

「売国」とは何か?
手近な辞書では、こう説明している。
「自国の内情・秘密を敵国に通じ、また自国に不利で敵国の利益になることを企てて私利をはかること。」
「私利のために自国の不利益になることをすること。」
政治家だけでなく該当する新聞もある、
と思う。

前にも書いたが、
「人民日報日本支社」と揶揄される例の新聞社の新聞であるが、
あれなど売国新聞の類ではないかと思う。
全記事ではないけど。

で、なんだが、
衆院選に突入したのでヘタなことは書けない。

(もちろん、引退した政治家については、名誉毀損の構成要件に該当しない限り大丈夫である。)

ワースト10を紹介するだけにしておこう。
( )内はその理由。

1位 河野洋平(単なる談話で日本を「性犯罪国家」に貶めた)
        証拠もないのに慰安婦問題を内外に謝罪した P102

2位 村市富一(万死に値する「国民見殺し」「自国冒瀆」の罪
        大震災でも緊急災害対策本部を設置せず P116

3位 小泉純一郎(「改革」で日本の富と生命を米国に差し出した)P132

4位 小沢一郎(「ねじれ現象」を生んだ無節操な国賊)P148
 
               (まだ判断するには早すぎると思うが...)

5位 中曽根康弘(靖国問題をこじらせた元凶)P167

6位 野中広務(自虐外交の嚆矢となった「不戦決議」)P180

7位 竹中平蔵(日本国を構造破壊し共和制に導く経済マフィア)P188

8位 福田康夫(無為、無内容、無感情)P197

9位 森 喜朗(保守を絶滅に追い込んだ背後霊)P205

9位 加藤紘一(戦後レジームの滑稽なゾンビ)P213

選ばれた理由というか見出しに思わず吹き出したりもしたが、
まあ妥当な線だろうと思う。
他にもいくらでもいるような気がしないでもないが。

1位、2位、9位の二人目については日頃から「国賊」だと考えているので別に驚きもしないが、
(実は他にもいるが、ヤバくてここには書けない(笑))

また、
           「ちょっとね〜」
と思う選択もある。

まあ、選挙を前に、
こういう本でも読んで忘れかけていた事件や不祥事を思い出し、
わが国の政治や政治家のことをよ〜く考え、
投票行動に結びつけてみるのも、
一興かもしれない。


これなんかもおススメである。

 ↓ 

職業としての政治 (岩波文庫)
職業としての政治 (岩波文庫)
マックス ヴェーバー,Max Weber,脇 圭平


本来は職業政治家が読むべき本なのだが、
悲しいかな、
皆さん読まれてないようで...




にほんブログ村 士業ブログへ

本日2本目、 「コラッ、何やってんだょ!」

  • 2009.08.18 Tuesday
  • 11:47
今朝の日経に、
昨日の党首討論の要旨が出ていた。
ツッコミどころ満載である(笑)

中でも、
「コラッ、何やってんだ!」
と思わず椅子を蹴飛ばしたくなったのが、
国旗(日の丸)を切り刻んで民主党党旗を作ったとされる部分。

以下、日経から引用。

首相
8月8日、鹿児島県内での民主党の集会で、壇上に大きな民主党の党旗が掲げられていた。日本の国旗を切り刻んで、上下につなぎ合わせていた。正直信じたくはない。とても悲しく、許し難い行為だ。

鳩山氏
そんなけしからんことをやった人間がいるとすれば、大変申し訳ない。
早速、どこのどいつだ!?
と、
南日本新聞ウェボサイト;373news.comの、

09衆院選かごしま 攻防最前線

をチェックしたが、
8月8日の民主党関連の記事が見当たらなかった。

と思っていたところ、

関連記事が先ほど10時46分にアップされた。

霧島市の集会で日の丸重ね民主党旗 党首討論で首相指摘

以下、同記事から一部引用。

皆吉さん陣営は「支持者が作ったが、切り刻んではいない」と説明している。
皆吉さん陣営によると、旗は支持者が手作りし当日持ち込んだ。「いいものを作ってくれたと掲げた。バタバタしていて日の丸の旗とは気づかなかった」という。
普通、気づかないか!?
それぐらい!

マシなスタッフはいないのかね。

まあ、
記事によると、
切り刻んではいないようだが、
やっぱ国旗でやっちゃマズイだろう!!

それに、
民主党のシンボル、
なぜだか知らないが、下の赤い部分は滑らかな線ではない。

おそらく発展途上とでもいう意味か?
なんて考えたくもなるもんだ(笑)

実はここで茶化したり笑たりしてはいけないのだ。
公党のシンボルなのだから。

であるならば、尚更のこと、

わが国の国旗を、
国旗以外のものに利用してはならないはずではないのか!?

今朝ほど日経の記事を目にしたとき、

民主党の集会でか?
日頃、国旗を蔑ろにしている日教組の連中がやらかしたんじゃないのか!?


と思ったのであるが、
後者については記事からはなんとも判断できない。
記事を読む限り、フツーの熱烈な支持者が思いつきでやったようなニュアンスを感じる。

衆院選が公示されたから、右翼の街宣車が団体でやって来るということはないだろうが、


選挙妨害罪
公職選挙法第225条
 選挙に関し、次の各号に掲げる行為をした者は、4年以下の懲役若しくは禁錮又は100万円以下の罰金に処する。
1 選挙人、公職の候補者、公職の候補者となろうとする者、選挙運動者又は当選人に対し暴行若しくは威力を加え又はこれをかどわかしたとき。
2 交通若しくは集会の便を妨げ、演説を妨害し、又は文書図画を毀棄し、その他偽計詐術等不正の方法をもつて選挙の自由を妨害したとき。
3 選挙人、公職の候補者、公職の候補者となろうとする者、選挙運動者若しくは当選人又はその関係のある社寺、学校、会社、組合、市町村等に対する用水、小作、債権、寄附その他特殊の利害関係を利用して選挙人、公職の候補者、公職の候補者となろうとする者、選挙運動者又は当選人を威迫したとき。


やはりよく考えてくれないと困る。
こういうとき、
得てして、
陣営にマシなスタッフがいるか否かが決め手になるのである。

スカウトされても行かないけどね(笑)




にほんブログ村 士業ブログへ


最後に、

民主党のマークは下の円がゆがんだ形で、正確に表現したものではないらしい。
取材した記者のコメント「らしい」が、
「らしい」とはどういうことかね?
自身で民主党のシンボルマークを確認し、

「民主党のマークは下の円がゆがんだ形になっているので、正確に表現したものではない。

と締めるのが新聞記者ってもんだろう!

と思うのですが、
いかがでしょう、皆さんのお考えは?

「コラッ、何やってんだょ!」

と、デスクは言わなかったのだろうか?

「社会の公器」たる新聞の記者にはそれなりの資質が求められて当たり前、
と思うのだが。

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

本日の名言・格言

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

法と経済学
法と経済学 (JUGEMレビュー »)
スティーブン・シャベル

recommend

recommend

recommend

新しい行政不服審査制度
新しい行政不服審査制度 (JUGEMレビュー »)
橋本 博之,青木 丈,植山 克郎

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

税務訴訟と要件事実論
税務訴訟と要件事実論 (JUGEMレビュー »)
平野 敦士,佐藤 善恵,村井 淳一,岡野 訓

recommend

recommend

租税訴訟実務講座
租税訴訟実務講座 (JUGEMレビュー »)
大野 重国,木下 雅博,東 亜由美

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

法と経済―効率性と社会的正義とのバランスを求めて
法と経済―効率性と社会的正義とのバランスを求めて (JUGEMレビュー »)
ジェフリー・L. ハリソン, Jeffrey L. Harrison, 上田 純子

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM