あしひきの山桜花日並べて

  • 2016.03.22 Tuesday
  • 12:26

確定申告に追われていたら、
いつの間にか桜の季節になってしまいました。

今年も山桜を撮りに行ってきました。





申告期間中にチェックに行った際にはまだ蕾すら確認できないような状況だったのに、
またもや2日ほど時機を失してしまいました。

ホント、桜は気が抜けません!w

桜の下に行ってみました。





モンシロチョウが飛び交っていました。















あしひきの 山桜花日並べて かく咲きたらば いたく恋ひめやも

足比奇乃 山櫻花 日並而 如是開有者 甚戀目夜裳
                                     山部宿禰赤人(万葉集)
















ミツバチらしき姿も。
かなりの望遠で撮っています。





帰りがけに他にも見栄えのする山桜がないかと車を走らせていたところ、
白いふわふわしたものが。





白猫が3匹、屏の上で日向ぼっこしてました。
カメラを向ける前にもう1匹は飛び降りてしまいました。





この汚れ具合、ノラにゃんでしょうか。
でも、近くに民家が軒を連ねていたのでなんとか猫生を無事に終えることができるんじゃないかと思います。

がんばれ、チビにゃん!





明後日は満月、
それまで持ってくれれば月光下で撮りたいのですが、無理でしょうね。


ねがはくは 花のもとにて 春死なむ そのきさらぎの 望月のころ
                                            西行法師






如月の望月は2月15日ですが、新暦では3月の望月(満月)となります。
なので明日の満月、
とはいえまだ死にたくないですけど。w

ソメイヨシノももうすぐですね。


世の中に  絶えて桜の  なかりせば  春の心は  のどけからまし
                                         在原業平(古今和歌集)



大きな画像は日々是楽写!で見ることができます。


 


にほんブログ村 士業ブログへ

桜も散り、田植えも終わりました。

  • 2015.04.06 Monday
  • 11:34

でも、せっかく撮ったのでアップします。w

4/1 15:31



3/29 13:11




3/29 13:58
故二階堂進屋敷前の堤防にて




4/1 15:31




4/2 8:48




4/1 15:49




4/2 8:47




最後に夜桜を。

4/1 22:38
枇榔と桜と星々と




月明かりでも結構きれいに写るものです。


千鳥ヶ淵の花筏の画像をネットで観ましたが、あれはきれいですね。
一度はこの目で見てみたいものです。

東京に足掛け20年いたのに観る機会がありませんでした。
残念至極!w


 


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
 

櫻の樹の下には屍体が埋まっている!?

  • 2015.03.31 Tuesday
  • 12:51


おなじみ、梶井基次郎「櫻の樹の下には」の出だしですが。


今日あたり満開のはずだったんですが、
雨は上がったとはいえ曇り空、温度もやや低いです。
 

3/29 13:26




上の方はまだ蕾が多かったです。
4日(土曜日)は皆既月食、桜と一緒に撮るつもりでしたが、予報では天気が悪そうです。

4日以前にでも晴れてくれたら月光下の桜を撮れるのですが、
どうもスッキリしない天気が続くようです。


残念です。

 


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

 

まずは、山桜!

  • 2015.03.23 Monday
  • 20:24

各地でソメイヨシノが咲き始めました。


3/23 8:57
自宅近くのソメイヨシノ




その前に、以前にもご紹介した山桜を、
と思っていたのですが、今年も出遅れました。

ちょうど確定申告期限の頃が盛りでして、
22日に行ってみましたがすでに葉桜へと移行中でした。


3/22 15:09



なので、
この山桜の下の方にあるちいさな滝?付近で撮って来ました。
 
侘び寂びの世界です。w

暗くて少しブレているのはご愛嬌!
(このブログは120KBの画像までしかアップできないため、縦長の画像の画質は見かけ上悪化します)

 



近くの方によると、
水量の多い夏場には猿たちが滑り台として遊んでいるとのことでした。


楽しそうです!w


↓ は表現力不足で中途半端なものになりましたが、せっかくなのでアップします。





同じく少しブレてます。
来年は三脚を持参しなきゃいけません!




で、ラスト。





ところで、本日、偶然に知ったのですが、
先頃、黄桜酒造から「黄桜ピアノ」という名のスパークリング純米酒が発売されたそうです。

300ml450円、早速6本ほどポチッしてしまいました。
(鹿児島県人ですけど焼酎は滅多に嗜みません、日本酒がメインです。w)

発送までちょっと時間がかかるとのこと、
なんとか満開の頃までには届いてほしいものです。

桜好きとしては、
桜並木の下で一献、といきたいものです。w

そういえば、4,5年前だったか、桜のワイン、その名も「Sakura」をご紹介した覚えが。
今もあるのか、この記事を投稿したらググってみることにします。


最後に、桜と来たらこれでしょう!w


 世の中に たえて桜の なかりせば
         春の心は のどけからまし
                          在原業平

 散ればこそ いとど桜は めでたけれ
         憂き世になにか 久しかるべき
                          
別の人(誰か不明)              

                新潮日本古典集成(S51)『伊勢物語』八十二段から

どちらの歌が好みでしょう?


 


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
 

春爛漫

  • 2013.03.23 Saturday
  • 14:50
 
桜、満開である。





今日と明日、絶好の花見時期なのだが、
雨が降りそう。


まあ、世の中そんなものである。w



にほんブログ村 士業ブログへ

桜咲く!

  • 2013.03.19 Tuesday
  • 12:12
 
今年も桜が咲き出した!
ソメイヨシノ、だと思う。



                                          3/19 8:08 TZ30

毎朝、隣家(といっても離れている)に仮住まいしているチョビにカリカリをやりに行くのだが、
その途中に桜の木が1本植わっている。

数日前にはまだ蕾だったのだが、
一気に開き、7分咲きぐらいになっていた。





毎年撮っている、例の場所にもチェックに行かなきゃならない!




世の中に絶えて桜のなかりせば春の心はのどけからまし

業平さんじゃなくても、慌ただしいのである!w




にほんブログ村 士業ブログへ

春が来た!

  • 2013.02.12 Tuesday
  • 11:24
 

                                     2013/2/11 14:15

河津桜、
じゃないかと思うのだが。

いよいよ桜のシーズン、
桜好きにとっては落ち着かない日々が始まる。w

世の中に絶えて桜のなかりせば春の心はのどけからまし

ご存じ、在原業平の歌であるが、
ググったらおもしろい表現にぶつかった。

業平はモーツアルト似ですか、ユニークな解釈ですね。


業平さんといえば、前にも書いたが、
東京は湾岸にある某ホテルの最上階レストラン「都」の名付け親は不詳クボタである。

数年後、レストランを訪れた際に係の者に「都」の由来を訊いたら、

 東京都の「都」だったと思います。

コラコラ!w
出所はもちろん、
「伊勢日記」第九段「東下り」のこの歌である。

名にし負わばいざこと問わむ都鳥 わが思ふ人はありやなしやと

隅田川の河口に近く、
目の前の海にはたまに「都鳥」こと「ユリカモメ」が群れ飛んでいた。

なお、この歌の「都鳥」は、
「ミヤコドリ」ではなくて「ユリカモメ」であったと考えられている。
ややこしい!w


「ゆりかもめ」が運行する前、
「レインボーブリッジ」が中央付近で繋がる頃の話である。


ともあれ、桜の時期が始まった!



にほんブログ村 士業ブログへ

春爛漫 その三

  • 2012.04.08 Sunday
  • 12:31
 
桜の季節も、終わった。



                                                    4/5 16:01

やれやれ、
これでようやく落ち着いて仕事ができる。w

今日は風もほとんどなくて絶好のサイクリング日和!
でも、どういうわけか、ちょっと、気分が乗らない。w

桜ラプソディで疲れが溜まったのかもしれない。
なんてことはないと思う。

6日、第1回研修会に行ってきたのだが、
久々に刺激を受けた。

早速、故松澤智教授の、一連の書籍を再読し始めた。
しばらくは勉強三昧と行きたい。
いつまで続くかはわからないが。w

心機一転、
溜まった垢を掻き落としながら、再構築を図ろうと思う。




にほんブログ村 士業ブログへ

春爛漫

  • 2012.04.02 Monday
  • 13:49
 
月末でちょっと慌しくて更新が滞ってしまった。
それでも、
桜のチェックだけは欠かさずにやってきた。w

久々に、お気に入りの桜を観に行った。


 2012/4/1 14:25

昨日は「桜ポタ」と称して、ロードバイクで出かけてきた。
のだが、
乗ってる最中から肩が重くなって疲れ果てて帰ってきた。

というのは、先週だったか、いつも使っていたコンデジを落っことしてしまい、
昨日は、重いデジカメ(HS10)をリュックに入れて持参したからである。

他にもコンデジは持ってるのだが、
広角側が24mmから始まるデジカメはHS10しかなくて持参した。
結果、疲れてロクな写真しか撮れなかった。w

自転車用には軽いコンデジに限る!

今週も2,3日おきに走って、桜を愛でて来たい!
ここ1週間が勝負!だと思う。

世の中にたえて桜のなかりせば春の心はのどけからまし

                                在原業平 


至言である。




にほんブログ村 士業ブログへ

桜色のロゼ、キュヴェ・サクラ

  • 2011.04.18 Monday
  • 21:32
 
4/12に Twitter を、
4/16に Facebook を始めた。

どちらもまだやり方がイマイチわからないが、
習うより慣れろ!
ということで、なんとか試行錯誤しながら続いている。

なお、Twitter は、
この間の研修の酒井教授に触発されたことによる。

他方、Facebook の方は、
あの勝間和代さんが大学の同期ということを知って、
(私は一回り以上歳を食っている、念のため)
あれこれやっているうちにたどり着いた、という訳である。

もっとも、Facebook では、
「暗いところでも写るデジカメを知りませんか」
みたいな質問をされていた女性とやり取りしているだけである。

土曜日のキュヴェ・サクラ、
本日、自分でも撮ってみた。

ワイナリーはこちら、

Bourgogne Rose (Cherry tree)

フランス・ブルゴーニュ地方シェイイ・レ・マランジュ村
ドメーヌ・シュヴロ(ワイナリー)の3代目・シュヴロ・パブロ氏の奥さんは、
日本人のかおりさん。

かおりさんの発案で、
キュヴェ・サクラが誕生したということであるが、
ブログの2006年2月5日の記事にサクラのことが書かれていた。

ブルゴーニュのフランス流ワイン生活

自然光の下での撮影なので、やはり上手い具合には撮れない。





上のセットを持ち込んだ次第。
(グラスは12個)

ちょっと商品撮影っぽく撮ってみた。





白バックは非常に撮りにくい!
露光がアンダー気味だったので、バックがグレーに写り、
補正に苦労した。





我ながらチャチな写真だ!(笑)
ただ、ワインの色はかなり実物に近い。
(と思う)





構図的には、上のが好みである。

で、最初のものに写っていたコレ、




言わずと知れた、
ソムリエナイフである。

一応、プロ御用達のライヨール社製ナイフである。
これ1本でキュヴェ・サクラが7本も買えちゃうのである。

開くとこんな感じ。
      (バックは本当は白色なのだが、補正は面倒なのでやめた!)
    ↓




ナイフの根元にはちゃんと刻印がある。
わかりにくいが、
ライヨールと読むんだそうである。





実は、この「ライヨール」と、
もう一つ「ラギオール」というナイフがある。

両者は、言うなれば、
「本家争い」をしているようなところがあるが、
その評価はいずれも高い。

両者については、
シャトーラギオールVSライヨール
が詳しい。

まあ、なんにせよ、
おいしくワインが飲めればいいのである!

最初からこのナイフを使っていたわけではないが、

 コイツの稼ぎで大学と大学院を2つずつ出た。

と言ってもあながちマチガイではない、
というぐらい、私にとっては価値あるツールである。




にほんブログ村 士業ブログへ


それにしても、
鹿児島の若い女性にはだんぜん焼酎派が多いようである。
これでは、
私の嫁さん探しはますます困難になるってもんだ!!(爆)

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

本日の名言・格言

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

法と経済学
法と経済学 (JUGEMレビュー »)
スティーブン・シャベル

recommend

recommend

recommend

新しい行政不服審査制度
新しい行政不服審査制度 (JUGEMレビュー »)
橋本 博之,青木 丈,植山 克郎

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

税務訴訟と要件事実論
税務訴訟と要件事実論 (JUGEMレビュー »)
平野 敦士,佐藤 善恵,村井 淳一,岡野 訓

recommend

recommend

租税訴訟実務講座
租税訴訟実務講座 (JUGEMレビュー »)
大野 重国,木下 雅博,東 亜由美

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

法と経済―効率性と社会的正義とのバランスを求めて
法と経済―効率性と社会的正義とのバランスを求めて (JUGEMレビュー »)
ジェフリー・L. ハリソン, Jeffrey L. Harrison, 上田 純子

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM