猫月夜 −新ソフト;GIMPを使ってみた−

  • 2011.05.19 Thursday
  • 14:27

一昨日の満月を、
昨日FBにアップしたら、

「猫月夜」

なる言葉がコメント欄に書き込まれた。

そういえば、去年同じように満月を撮っていたら、やすべぇが手摺の上で見守っていたな。

と探してみたら、
昨年9月22日の写真が見つかった。

なので、
一昨夜の満月を合成してみた。





初めての「合成」で、
しかも、初めて使うソフト(GIMP;フリーソフト)だったので、
やり方がわからず結構時間を要した。

だから明るさのバランスがおかしい。
もう少しネコを明るくし、逆に月を暗く設定すべきだったと思う。

なお、やすべぇは既にこの世にいないネコなので、
明度を意図的に落とした。

これまで使っていたソフトは、
Adobe Photoshop Elements 2、 
2002年発売のソフトである(確か、1万数千円だったと思う)。

それに比べて、
フリーソフトGIMP8最新版2.6.11)は、
使い方が分かれば、わざわざ市販のソフトを購入する必要はないのではないか、
と思うレベルである。

マニュアルはやはり紙ベースのものが見やすいので、
探してみるつもりである。

なお、昨年9月22日(中秋の名月)の記事は、

こちら 

から見ることができる。



  ↓ ↓


にほんブログ村 士業ブログへ

さらば、やすべぇ! 

  • 2011.03.20 Sunday
  • 18:05
 
今朝ほど、
やすべぇが永眠しました。




                    (3/13 14:15)


ネット上にて、
あるいは事務所にお越しの際に、

やすべぇを可愛がって下さった方々には心から御礼申し上げますとともに、
ご報告させていただきます。




                   (3/13 16:51)


車に当てられた上に、
生憎の雨にたたられて、
歩道に横たわっていたのを保護したのが昨年5月のことでした。

元々身体が弱かったようで治療・入院を繰り返していましたが、
昨年秋ごろに骨髄性白血病を発症するに至りました。

爾来、抗がん剤治療を施してきましたが、
残念ながら、
18日夜、容態が急変し、

今朝ほど私の腕の中で目を閉じました。




                  (3/13 16:58)

         これが立っている姿の最後の一枚となりました。

写真は、わからないように撮っていますが、
実際は激ヤセしてまして、
いわば骨と皮だけの状態になっていました。

よくぞ今日までもってくれた、と思っています。

昨年、
保護したときには生後1〜2ヶ月程度の仔猫でしたので、

おおよそ1歳、
人間の年齢に換算して19歳ぐらいになるかと思います。




                    (3/17 17:09)


17日の記事で、

 自分はいいので、それを全額募金してくれ!

と書きましたが、
まさかこういう事態になるとまでは予測していませんでした。

すでに実行しましたが、
本当にやすべぇの遺言になってしまいました。

実は、別に、
やすべぇの入院費用として確保したものがありますので、
そちらも募金に充てようと考えています。


  やすべぇへのご応援、どうも有り難うございました。

                                 税理士 窪田







にほんブログ村 士業ブログへ

大好きな女(ひと)

  • 2011.03.07 Monday
  • 21:52


申告期限まであと1週間。

何とか間に合いそうだが、
(自分の分は微妙。昨年は、堂々の(笑)期限後申告だった。)
今日は疲れ気味。

昼前、
関与先の社長夫人が差し入れを持って来てくださった。
甘い菓子類をふた箱。

と、声を聞き分けたやすべぇが早速やってきて、
膝の上に。

というか抱きついた。





ねこだから許されるこの厚かましさ。
(不肖窪田だったら張り倒されることマチガイなし!)

前にも書いたが、
やすべぇにも「好み」ってものがあるらしく、
この方が一番のお気に入り、

甘え方も堂に入っているのだ。
ご覧いただきたい、

この眼差しを。





どこを触っているんだ!?

と思えないでもないけど、
抱きかかえたときの感触が日増しに軽くなっていく、
やすべぇ、

これぐらいは、まあ許してもらっている。
ホントは、
ねこ好きの方なんだけどね。

左目の周囲からときに出血するため、ちょっと黒くなっている。
なので、今日は右側からしか撮ってない。





女性を撮る時と同様に気を使っているのだ。
ねこであっても。

しかしまあ、
こんな甘え方をするネコは初めてだ。

どうやら、
育て方に問題があったようで、
自分を人間と思っているフシがあるのだが、

なんなんだろうね、この仕種は?



  ↓ ↓


にほんブログ村 士業ブログへ


もしかすると、
残り少ない時間を敏感に感じているのかもしれない。

抗がん剤の副作用?

  • 2011.03.02 Wednesday
  • 11:10




抗がん剤の副作用かよくわからないが、
全然食べてくれない。

先日、
病院に連れて行ったときに体重測定を依頼したのだが、

何キロでした?

に対して、

2キロでした。

という実に大雑把な返事が。
これまでは、例えば2.3kgというような返答だったのに。

おそらく、2kgを下回っていたのだろうが、
飼い主の心情を考慮して四捨五入されたのだろうと思う。


 
             (オマケ ; 肉球フェチのために)


体重が日々減じているのがわからない、
ようでは飼い主失格、飼い主はやってられないのである。

やすべえの身体を持ち上げるたびに、
指先に感じる骨格がよりリアルになっていく。

だから、
真正面とか真横からはとてもじゃないけど撮れないので、
今回は下から写してみた。

説明がなければ、
がん(骨髄性白血病)でやせ細っているネコには見えないのではないだろうか。

写真というものは決して真実を写すことはない、

撮り方によっては嘘をつく、という見本のような写真だ。





写したのは2/23で、
現在ではさらに弱ってきているように見える。

目薬、インターフェロンと痛み止めの経口投与。
あと、
ダニは見当たらないのだが、なぜか右耳にかゆみを覚えるようで、
丸ハゲ状態の耳たぶ(?)に塗る軟膏。

という具合に、
世話も手がかかる。

先週、
ノラ猫の世話をしている女性に、

何も食べなくなったネコでもコレだけにはかぶりつく!

と教えてももらったカリカリを買ってきた。
この忙しい時期に、
往復1時間近くかけて。





結果、
4種類とも臭いを嗅ぐだけ、一口だにしなかった。

高いんだけどね。
これでまた自宅のねこ達の喜ぶ顔が見られるというものだ。笑)

この日の夜、
久々に外に出たがったのでつきあった。





雨上がりで少々肌寒かったのだが、
30分ぐらいは本屋さんの駐車場で遊んで(?)いた。

最近は、外へ出たがらない。

ということも、
病気が進行していることの表れだと思う。

獣医さんは、
再度、もうワンクール、抗がん剤治療を施したい、
と仰るのだが、

ほとんど食べない今の状況で、果たして体力が持つのか、
それが不安で治療に踏み切れない。

さてさてどうしたものだろう?



  ↓ ↓


にほんブログ村 士業ブログへ

やすべぇ復活!

  • 2011.02.13 Sunday
  • 12:06
 


    (CASIO ZR10 : コンデジでも撮り方によっては一眼ぽく写る。)


やすべぇ、
10日の夜は、

もうダメか!?

と思うほどの状況であったが、
なんとか持ち直してくれた。

ただ、食が細いので、
痛ましいほど痩せている。
偏食(とは言わないと思うが)が甚だしく、
日によって口にするカリカリや猫缶が変わる。

気に入るまでとっかえひっかえ少しずつ与えて様子をみるしかない。
おかげで家のネコ達が喜んでいる。
やすべぇが食べなかったものを持ち帰るので。

------------------------------------------------------------------------------------

今朝の日経文化欄に、
先ごろ連載が終わった「韃靼の馬」の作者;
辻原 登 氏のエッセイ「ウルルランドの幻」が掲載されていた。

ウルルランド(鬱陵島)は作者の想像の賜物かと思っていたら、
どうしてどうして、
実在の島だということである。

絶海の孤島ということだが、
ウルルランドという名前の響きといい、
興味がそそられる島である。

行ってみたいな、
と思いつつ仕事に戻ることにしよう。

桜島の灰が棚引いている様にも見えるが、
外は晴れ。
因果な商売だね、税理士稼業は。




  ↓ ↓


にほんブログ村 士業ブログへ

がんばれ、やすべぇ!!

  • 2011.02.10 Thursday
  • 20:43


            (写真はすべて、昨日の11時過ぎのもの)


朝ほど事務所のドアを開けると、
床に吐しゃ物が。

2日前に終了した抗がん剤治療、
 (1週間にわたって抗がん剤7本+他2本の計9本の注射)
特に副作用らしきものも見られず安心していたのだが、

やはり、
体力が消耗&低下した身体にはキツカッタのだろう。





明日は休日だが、
看て下さると言うことなので連れて行くことにしている。

注射の他にインターフェロンを口から直接含ませたり、
目薬を注したりしたので、
一体どれが効いたのか素人の私には判断できないが、

目元の出血や鼻血は出なくなり、
その跡もかなりきれいになったので、

 やれやれ 

と思っていたんだけどね。





今日は来客が多く、そのすべてが女性だったのだが、

猫の具合が悪い

と言った途端、声を潜めてくれる女性がいるかと思うと、
逆に、
自分ちのネコの話をデカイ声で話し始めるバカ、もとい女性とか、
 (お客さんではないです)
これまた甲高い大きな声で、

ネコちゃん頑張ってね!

とノタマウ方がいて、
やすべぇ以上に不肖窪田の方が疲れる(?)始末であった。





ま、
気持ちは有難く頂いておくことにしよう。

ガサツな人間が多いことは今に始まったことではないから、
この地域の場合。

やすべぇ、
現在、デスク上のベッドの中で眠っている。

本人(猫)にとっても、
今日は気の休まらない一日であったことは間違いないだろう。
それどころではなかった、
のであれば寧ろ不幸中の幸いだが。





ただね、
餌も水も一切口にせず病魔と闘っているにも拘らず、

やすべぇ!?

大丈夫か!?

と声をかけると、
 (余計な声をかけるな!というところだが、つい掛けてしまうのだ)
目を閉じたまま上の写真のように、

大丈夫だよ!

とばかりに尻尾を振るのである。

そこいらのガサツな人間より余程ネコの方がマシなんじゃないか?
と言ったら言い過ぎ...だよな。


明日から3連休、楽しい週末を!



不肖窪田はシゴトである。
やれやれ、である。



  ↓ ↓


にほんブログ村 士業ブログへ


久々のお散歩! 抗がん剤なんかには負けないぞ!! by やすべぇ

  • 2011.02.03 Thursday
  • 23:58


骨髄性白血病のやすべぇ、
昨日(2日)から抗がん剤治療を始めた。





副作用が心配されるところだが、
吐いたりすることもなく今のところ特に変化はない。

今日は降灰もほとんど見られなかったので、
久々に近くの空き地まで日向ぼっこに連れて行った。

すると、
ご覧のとおり、早速、雑草にかぶりついた。

ここに建っていた民家が解体されたのは確か1年ぐらい前だったと思うが、
最後にパンしたときにご覧いただけるのだが、

実は、
大根が自然に成長していて見事な株が地面からのぞいている。

大根おろしにしたらうまそうだが、誰も抜かない。

田舎だから、
どこの家でも栽培しているということなのだろうが、ちょっと勿体ない。

てっきり、「菜の花」だ!
とばかり楽しみにしていたのだが、大根でもそれなりに楽しめる。

この時期だったら、何と一緒に食べたら美味いのだろうか?

大根おろしで、
やすべぇが元気になってくれるというのであれば、
早速、今からでも「盗掘」に行くんだけどね。笑)

せめて、
鼻血を止めるぐらいの効能はないものだろうか?

などとアホなことを考えたりする、
ってことは疲れている証拠かもしれない。

それにしても忙しい!
もしかして、

世の中に絶えて確定申告のなかりせば春の心はのどけからまし

などと本気で思う、
いささか商売っ気のない税理士だったりして。




  ↓ ↓


にほんブログ村 士業ブログへ

コスパ至上主義! by やすべぇ

  • 2011.01.30 Sunday
  • 11:22

ねこのいる事務所

と銘打っているからには、たまにはネコのハナシを書かないと。
(ネコのことしか書いてないような気もするけど)

やすべぇ、相変わらず調子がよくない。
先週から今週に掛けては1週間に3本も注射を打ってもらったような。

先日、2日間にわたって、
カリカリも水も全然口にしなかったときには、
心底心配した。

フツーの仔猫用のカリカリは見向きもしなくなって久しいので、
いつもは、ちょっと高めの「銀のスプーン」子猫用を与えていたのだが、
それすらも受け入れなくなった。

で、もうちょっと値の張る、
100g当たり100円ぐらいか?
カリカリを5種類ほど調達してきた。





手前の小分けのカリカリは、
なんだかクッキーを思わせて食べたくなるようなパッケージだ!
ゼイタクすぎる!!

で、結果はというと、

いずれも全然食べなかった。
茫然自失、
とはこのときの私の状態のようなことだと思う。

「やすべぇクンよ、いくら注射を打っても意味がないんだよ、食べなきゃ!」

と語りかけたところで理解してくれるようには見えない。
ため息が出るばかりである。

やすべぇは、

「ぅにゃーん」

と何か不満げにこぼすのだが、
生憎、不肖クボタ、猫語は理解できないので為す術がない!

他に食べさせるものはないかと事務所内を見渡したところ、
隣家でお世話になっている、
「チョビ」に毎朝食べさせているカリカリの残りが目に付いた。 

ま、ダメ元で、
と別皿に入れたところ、

驚くなかれ、
驚くほどの(何という表現だ!)スピードで食べ始めたではないか!





エッ!なんで?
どうして?

因みに、件のカリカリは100g当たり20円
実に、今回準備したものの 1/5 の価格である!

このことを獣医さんに報告したら、

「日頃、治療費で迷惑を掛けているので、せめてカリカリ代だけでも安くしようと思ったんじゃ?」

とノタマッタ。


「でもね、やすべぇクンよ、
 注射1本分に比べたら100g100円のカリカリなんて大したことないんだよ。」

と、やすべぇに問いかけたのだが、
相変わらず、

「ぅにゃーん」

と答えただけであった。



  ↓ ↓


にほんブログ村 士業ブログへ


今日は、件のカリカリすら見向きしなくなった。
来週からは、
後遺症とかが心配だが、
「抗がん剤」を投与する予定である。

不安と期待が交錯する日々である。

「韃靼の馬」、最終回。

  • 2011.01.21 Friday
  • 13:51
 本日、日経の小説;

「韃靼の馬」

が最終回を迎えた。
毎回、楽しく読んできただけに残念である。

太平洋戦争期に満州に密入国、特務機関に所属、敗戦に伴い旧ソ連に抑留された、
胡桃沢耕史
の、『天山を越えて』、
を思わす箇所もあって本当に楽しませてもらった。

明日からは、
「等伯」、
期待したい。

「韃靼の馬」ならぬ「事務所の猫」;
やすべぇ、
は、今日もお客さんの膝の上でノンビリしていた。





どうも、飼い主に似て好みが激しいようで(笑)、
女性なら誰でもいい!
というわけではないらしい。

こちらの方の場合、
最初からこんな具合であった。

鼻と眼の下の黒いものは、その種のものではなくて、
血が固まったもの。

一昨日だったか、
デスク上のペーパーが血に染まったときには、

思わず自分の鼻先に手を持って行ったのだが、
やすべぇの鼻血であった。

骨髄性白血病、
どうやら徐々に進行しているらしい。
注射の効き目も以前ほどではなくなったような気がする。

恋愛小説のように、
ハッピーエンドで終わる、
というわけには行かないのが残念である。


さて、
住基カードの公的認証の更新に行くこととするか。

住基カードの有効期間は10年だけど、公的認証の有効期間は3年間だけである。
なぜに同じ10年間にしなかったのだろう?

まさか、
手数料稼ぎ目的?

ではないと思うが。

税理士カードも10年間有効だったら、
多少面倒な発行手続も我慢できるんだけどね。


同業者の皆さんへ--------------------------------------

前にも書いたけど、
住基カードでも電子申告(代理申告)は当然にできます。
発行手数料は1000円です。
公的認証の更新手数料は500円だそうです。

ICカードリーダーライターは種類さえ間違わなければ、
3000円弱のものでOKです。
税理士会推奨の(高い)ヤツでなくても十二分にOKです。

私の場合、
税理士登録前に有楽町ビックカメラ(だったかな?)で買ってきて、
過去5年間それでやってきています。

税理士会推奨のものは、
パソコンにしてもスタンプにしても、何にしても高いのは何故なんだろう?
(想像はつくけどね)




  ↓ ↓


にほんブログ村 士業ブログへ

天気清々なれど調子はイマイチなり! by やすべぇ

  • 2011.01.18 Tuesday
  • 12:40

特例納付、というか年末調整の資料がまだ届いてないところがある。
今日は18日なんだけどね。

そこさえ終われば、合計表も総括表も一気に発送&持参できるんだけど。
償却資産申告書もほぼ終わっているし。

償却資産申告書、
税収減少のあおりを受けて、
去年辺りから周辺自治体が厳格に請求しだした。

自治体が、自治体職員が、
今までいかにいい加減にやってきたかを自ら証明しているようなものだ。

住民税の特別徴収についても然り、
ここへ来て、
法令を盾に五月蝿いぐらいの文書が送付されてきている。

今までサボってきたくせに、
                  何をか況や!
                                       だ。
で、やすべぇであるが、
このところ小康状態が続いている。
先週の月曜以来、注射を打っていない。



                    (本日、11:58)


ただ、
相変わらず食事の量が少ない。

どうも鼻が炎症を起こしているらしく、
匂いをかぎとれないようで、ちょっと食べるだけである。
空腹は感じているようなのだが。

いろいろな猫缶を開けて差し出してもほとんど口にしない。
家のネコ達が喜んではくれるけど。
あ、猫缶のことね。

口内炎が見られ、
インターフェロンを数滴、口から直接含ませてはいるんだけど、
なかなか改善されない。

きのうはその際にしこたま爪を立てられた。
虫の居所が悪かったらしい。



                   ( 1/17 13:18 )


でも、
夕方遅く資料を持参された若い女性には、

ゴロゴロニャン、
十二分に甘えていた。

やはりオスである。
勘所を押さえているようだ。笑)

12/4以来、自転車に乗れていない。
今月後半には、なんとか乗れる時間をみつけたいものだ。
償却資産申告書をサッサと片付けて。




  ↓ ↓


にほんブログ村 士業ブログへ

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

本日の名言・格言

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

法と経済学
法と経済学 (JUGEMレビュー »)
スティーブン・シャベル

recommend

recommend

recommend

新しい行政不服審査制度
新しい行政不服審査制度 (JUGEMレビュー »)
橋本 博之,青木 丈,植山 克郎

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

税務訴訟と要件事実論
税務訴訟と要件事実論 (JUGEMレビュー »)
平野 敦士,佐藤 善恵,村井 淳一,岡野 訓

recommend

recommend

租税訴訟実務講座
租税訴訟実務講座 (JUGEMレビュー »)
大野 重国,木下 雅博,東 亜由美

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

法と経済―効率性と社会的正義とのバランスを求めて
法と経済―効率性と社会的正義とのバランスを求めて (JUGEMレビュー »)
ジェフリー・L. ハリソン, Jeffrey L. Harrison, 上田 純子

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM