松尾絹代 「財務諸表を読んで復興支援!」 を読む。

  • 2011.07.12 Tuesday
  • 23:31



                                            (本日 8:44)
 
          いくつかの水たまりを残して
             梅雨が駆け抜けてしまえば
                 しめった風の背中越しに
                     きみの好きな夏が来ます

                                       ほおずき (さだまさし)


4年近く前、
天はニ物を与えず、といいますが、
という記事で、
元ミス日本にして公認会計士の松尾絹代さんのことをご紹介したが、

再び、
日経ビジネスオンラインで本日から連載を開始された。

財務諸表を読んで復興支援!「被災企業の社債や株式を買う」という支援

が、それである。

私も今朝ほど読ませていただいたが、
続きが楽しみである。

【松尾絹代さんのプロフィール】(日経ビジネスオンラインから転載)

1970年生まれ。94年東京大学工学部船舶海洋工学科卒業。公認会計士。92年、ミス日本に選出される。卒業後、NHKハイビジョンニュース・キャスターなどのフリーアナウンサーの活動をした後、イタリアの高級ブランド、ブルガリの日本法人ブルガリ・ジャパンに入社。同社で顧客対応や商品管理部門を経験するうちに数字が分かれば会社全体が見通せる面白さに気づき、公認会計士に。99年太田昭和監査法人(現・新日本監査法人)入所。幅広い業種の会計監査に携わったほか、金融庁総務企画局にて企業会計専門官も経験。著書に『ほんとうにわかる棚卸資産会計の実務』。

日経ビジネスオンラインは、
会員登録しないと全文が読めない仕組みになっていたと覚えているが、
簡単に登録できるので、
興味を持たれた方はご覧いただければと思う。

松尾さんとは、拙ブログの記事がきっかけで、
といっても、2ヶ月ぐらい前に始めた twitter や facebook を通じてであるが、
知己を得、
メッセージのやり取り等をさせていただいている。

まあ、そんなわけで、
今回の連載をご紹介するに至った次第である。

ネットの世界では、思いがけない出会いがあったりしてなかなか楽しい。
まだの方は、試しにチャレンジされてみてはいかがだろう?

商売のためだとか、しょうもない目的のためであればおススメしないが、
(迷惑だからね)
まあ、一度はチャレンジしてみる価値はあると思う。

東京では、
朝顔市に続いてほおずき市も終わり、いよいよ夏本番というところだろう。
梅雨も明けたようだし。

夏バテされないようご自愛のほどを!




にほんブログ村 士業ブログへ

新書の大人買い ?

  • 2010.12.01 Wednesday
  • 00:26
関与先の新製品です。
冬虫夏草入り石鹸 RARA(楽々;らら)


(画像をクリックすると販売サイトへ移動します。)



今回の申告業務はキツカッタ!!
3日間、朝帰りをした。
こんなのは何年ぶりだろう?

で、ひと仕事終えて、
帰りに久々に本屋に寄った。

いつもだったら全棚をチェックしていくのだが、
今日は疲れで自転車本コーナーと新書コーナーだけ。
計11冊買って来た。

まずは『戦後政治史第3版』。
故石川真澄氏の後を引き継いだ、山口二郎北大大学院教授の手による、
2回目の版である。  


戦後政治史 第三版 (岩波新書)
戦後政治史 第三版 (岩波新書)
石川 真澄,山口 二郎


続いては、
「シリーズ中国近現代史」 

『清朝と近代世界』


清朝と近代世界――19世紀〈シリーズ 中国近現代史 1〉 (岩波新書)
清朝と近代世界――19世紀〈シリーズ 中国近現代史 1〉 (岩波新書)
吉澤 誠一郎


と、の、

『革命とナショナリズム』


革命とナショナリズム――1925-1945〈シリーズ 中国近現代史 3〉 (岩波新書)
革命とナショナリズム――1925-1945〈シリーズ 中国近現代史 3〉 (岩波新書)
石川 禎浩


全6巻の予定だが、
現時点ではこの2冊しか発刊されていない。

でお次は、
打って変わって、

『こんなに強い自衛隊』

(我ながらこの組み合わせには笑ってしまう)


こんなに強い自衛隊 (双葉新書)
こんなに強い自衛隊 (双葉新書)
井上和彦


ついでに、

『尖閣戦争』


尖閣戦争――米中はさみ撃ちにあった日本(祥伝社新書223)
尖閣戦争――米中はさみ撃ちにあった日本(祥伝社新書223)
西尾幹二,青木直人


行き着くところは(?)、

『国家神道と日本人』


国家神道と日本人 (岩波新書)
国家神道と日本人 (岩波新書)
島薗 進


そのうちに、

『国賊・仙谷』

なんて本もお目見えするかもしれないが、
総理や官房長官には爪の垢でも煎じて飲ませたい、

知の政治家、

『伊藤博文』


伊藤博文―知の政治家 (中公新書)
伊藤博文―知の政治家 (中公新書)
瀧井 一博


でも、こんなのも買ってきた。

『漢語日暦』


漢語日暦 (岩波新書)
漢語日暦 (岩波新書)
興膳 宏


なんとバランスの取れた選択だろう! 笑)

あと、こんなのも。


検察に、殺される (ベスト新書)
検察に、殺される (ベスト新書)
粟野 仁雄


インパクトがあれば何でもアリ、
な書名はどうかと思うが、
注目している「ヤメ検」の郷原信郎氏との対談が掲載されているので、
購入に踏み切った。

ま、新書というものは、
そこまで気合を入れて購入するレヴェルの本ではないが。

最後に、

『鉄道で広がる自転車の旅』

自転車を畳み袋に入れて列車で移動し、
目的地で自転車を組み立てて散策したり他の地点に移動する、
いわゆる輪行(りんこう)の本である。

(結構この手の本が増えてしまった。事務所が狭くなるはずだ!)


鉄道で広がる自転車の旅 「輪行」のススメ (平凡社新書)
鉄道で広がる自転車の旅 「輪行」のススメ (平凡社新書)
田村 浩


さて、
もう0時を回ったけど、
今夜はどの本から読もうか?


最後に一言、

特にこの手の本は、著者の思いというか思想傾向が内容に顕著に投影されているので、
そういう思考バイアスに気をつけた上で読むことが肝要かと思う。

要は、

だまされちゃダメよ!
自分のアタマで考えろ!!

ということ。
                 悪しからず



  ↓ ↓


にほんブログ村 士業ブログへ

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

本日の名言・格言

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

法と経済学
法と経済学 (JUGEMレビュー »)
スティーブン・シャベル

recommend

recommend

recommend

新しい行政不服審査制度
新しい行政不服審査制度 (JUGEMレビュー »)
橋本 博之,青木 丈,植山 克郎

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

税務訴訟と要件事実論
税務訴訟と要件事実論 (JUGEMレビュー »)
平野 敦士,佐藤 善恵,村井 淳一,岡野 訓

recommend

recommend

租税訴訟実務講座
租税訴訟実務講座 (JUGEMレビュー »)
大野 重国,木下 雅博,東 亜由美

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

法と経済―効率性と社会的正義とのバランスを求めて
法と経済―効率性と社会的正義とのバランスを求めて (JUGEMレビュー »)
ジェフリー・L. ハリソン, Jeffrey L. Harrison, 上田 純子

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM