東京では誰もがラブストーリーの主人公になる!

  • 2011.02.07 Monday
  • 21:17
 



>「月曜の夜は街から女性が消えた」 といわれたドラマである。

「東京ラブストーリー」

を導入にもってくるとは、
春秋子もなかなかやるもんだ!

本日の日経朝刊、「春秋」のことである。

昨年度の公立学校の廃止の数は526校に上るそうだが、
廃校問題を論じる中で、

東京ラブストーリー最終回、
カンチとリカが再会する場所がカンチの母校なのだが、

その木造校舎をからめて論じている。

まあ、そこらは新聞をご覧いただくとして、
早速DVDをチェックしてみた。





実は、事務所の書庫には、
昨夜記した芦部論文集や松澤智論文集、あるいは各税法コンメンタールなどに隠れて、
TVドラマのDVDがあったりする。

開業したての頃は、
顧客ゼロの日々が続いたので、
専らDVD鑑賞で時間を潰していたのである。





で、件の木造校舎だが、
再会した二人の背景にその姿の一部をのぞかせている。





そんな都合よく偶然に会えないだろう!!

とは思うが、
それがドラマの本質だから突っ込むのは止めておこう。

それにしても、
やや下からの撮影、構図が素晴らしい!

最後に、
カンチが駅に駆けつけると、
フェンスにはリカが口紅で文字を記したハンカチが。

カンチが手に取るまで他の人間が見つけて捨てたりしたらどうすんだよ!

て、誰も捨てられないだろうな。
だって、





別れの言葉だから。

このあとカメラがパンして、
カンチのバックに海が広がっていくという、けっこうなカメラワークが続く。

放映は1991年1月から3月に掛けてであったらしい。
TVドラマ好きの自分が何故これを見てなかったんだろう?
とよくよく考えたら、
経済学部の卒論に追われている頃だった、
ということに思い至った。

そういえば、
このときも期限ギリギリに卒論が間に合ったような。

となると、
期限に追われるのは今に始まったことではない、
という結論に。

まったく困った性格だ!
死ぬまでには直さないと。 笑)

東京では誰もがラブストーリーの主人公になる。

は、当時のキャッチコピーだったそうである。

参照
ウキペディア 東京ラブストーリー

じゃあ、鹿児島では、
誰もがラブストーリーの主人公にはなれないのか!?

とツッコミを入れて、今日はおしまい!



  ↓ ↓


にほんブログ村 士業ブログへ


今朝の「春秋」に目にして、
DVDや、
主題歌「ラブ・ストーリーは突然に」の入ったCDを探したり、借りに行った方が全国には結構いるかもしれないね。

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

本日の名言・格言

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

法と経済学
法と経済学 (JUGEMレビュー »)
スティーブン・シャベル

recommend

recommend

recommend

新しい行政不服審査制度
新しい行政不服審査制度 (JUGEMレビュー »)
橋本 博之,青木 丈,植山 克郎

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

税務訴訟と要件事実論
税務訴訟と要件事実論 (JUGEMレビュー »)
平野 敦士,佐藤 善恵,村井 淳一,岡野 訓

recommend

recommend

租税訴訟実務講座
租税訴訟実務講座 (JUGEMレビュー »)
大野 重国,木下 雅博,東 亜由美

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

法と経済―効率性と社会的正義とのバランスを求めて
法と経済―効率性と社会的正義とのバランスを求めて (JUGEMレビュー »)
ジェフリー・L. ハリソン, Jeffrey L. Harrison, 上田 純子

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM