みいな とC6A−XLT(最終兵器?)

  • 2013.09.07 Saturday
  • 14:13
 
昨日届いた最終兵器(にはならないと思う、たぶん。)はこちら、
セレストロンのC6−A−XLT。





口径6インチ(15cm)、焦点距離1500mm、F10のシュミットカセグレン鏡筒である。

みいな
9/5 16:10




C6到着、早速レミがチェック!
猫ってホントに好奇心が強い。w





チェックが完了したソラは箱の上で一休み。





どいてもらって開封すると、
途端に、制止を振り切って中に入りこむ。
ホント、邪魔!





輸入代行業者を通じてセレストロン(アメリカ)から購入、
輸送中の事故が心配だったが、





代行業者もチェックしたようで、問題なし!
早速、HF2経緯台に載っけてみた。
三脚の下にはゆりあが。





右のはユッカ。
レミとソラの木登り攻撃に遭い、悲惨な状況になったので現在、外に出している。





前からのぞくと、こんな感じ。





C6鏡筒にはVixen互換のなんとかいうアリガタ金具(橙色のヤツ)が備わっているので、
アリミゾプレートSXに簡単に装着できる。





こちらを見ているのはレミ。
接眼部はこんな感じ。





ここにカメラを装着することになる。

日本での販売サイトに「ビジュアルバック付」とあったので、
鏡筒を持ち運びするためのバッグかと思っていたら、写真にある接眼部のことであった。

"bag" ではなく "back" だった。ww

XLTの銘板(シール)。
XLTというのは、前面に取り付けられた補正板(レンズ?)に施されたコーティング仕様のことらしい。





相手にされないのに怒ったゆりあは、
例によって、手摺の上を去って行ったとさ。w

ファインダーは6×30で少々チャチい!





みいな
9/6 16:12





非常に難しいショット。
メッシュの白い毛がなかったら何がなんだかわからなかったかもしれない。
もう少し明るくしてもよかったかな?

↓ご覧のとおりのぞく方向は望遠鏡の向きと90度ちがう。
天頂付近を見るには便利だが、
水平方向だと少々厄介に違いない。





大きさ比較。

左は、C6(15cm、1500mm、F10)
右は、MeadeのLXD55(口径25cm、1000mm、F4)





極端に大きさ(重量)が違い過ぎる。

C6は、「おっ、月がきれいだ、ちょっと覗いてみるか!」
という程度のフットワークの軽さを追求するために買った次第。

今夕は三日月、晴れたら撮ってみたい。
もしかすると、久々にロードバイクで走るかもしれないのでビミョーだが。

久々・・今年になって2回目ということになる。
バイクが泣いているに違いない。w

最後にゆりあ。

9/7 11:58




楽しい週末を!




にほんブログ村 士業ブログへ

リリカとズームアイピース!

  • 2013.09.06 Friday
  • 12:40
 
ランキング、9位と28位、
そろそろFBからの訪問者も足が遠のいたようで、

 Out of sight out of mind.

結構なことである。
これで、無理してねこの写真を毎回アップすることから解放されそうだ。w

FBもやめたことだしこの際ブログも、
という考えが、実は脳裏を掠めているのだ。w

約束(commitment)は約束なので、まずはリリカの写真を。


9/5 16:08 HS50 




で、ズームアイピース、
アイピースというのは天体望遠鏡で使う「接眼レンズ」のことである。
9/1にアマゾンから届いた。

相変わらず、ブツよりはるかに大きい体積の箱で。





確かに中で動かないようにはなっているが、
箱の外に「ワレモノ」とか表示があるわけではない。

配達の方が誤って落っことしたら途端におかしくなるのが光学製品なんだけど、
デジカメとか大丈夫かね、amazon.jpは?

で、アイピースは
”CELESTRON”の”8mm〜24mm zoom eyepiece”。





価格の割には意外と評価が高いので買ってみた。
今から40年以上前、天文少年だった私には夢のような製品である。

デカイ!、
長さが11cmぐらいある。





ちょっと、商品撮影っぽく撮ってみた。
自然光だけなのでやや苦しい。w




リリカ
9/5 16:08




左側のわっかはデジカメと機器を繋ぐTリング(PENTAX用)。
規格はTマウント(T2マウント)、口径42mm、ピッチ0.75mmのネジが切ってある。





似たような規格に、
Pマウント、M42マウントがあるのだが、

この辺の規格は非常にわかりづらいものがあって、
ググるとけっこう混同している方も多い。

因みに、
Pマウント(T1マウント)はTマウントのピッチが1mmのもの、
M42マウントは 口径42mm、ピッチ1mmだがフランジバックがPマウントより少しだけ短い。

M42、
かつてのペンタックスやフジの一眼レフで使われていた、いわゆる、プラクチカスクリューマウントの正式名称である。

で、なんで、Tリングが?ということになるが、
アイピースのゴム見口を外すと42mmピッチ0.75mmのネジが切ってある。

すなわち、Tリングを取り付けられるのである。





これはポイントが高い!
月や惑星などをコリメート方式(拡大方式)で撮影する際に非常に有効である。

こちらは、シュミカセ用の、直接焦点用のアダプター、
これを天体望遠鏡につけ、Tリングを介すると巨大な望遠レンズに化けるのだ。





まあ、月の全体像や、短焦点望遠鏡で星雲星団を撮る、
ときにしか使わないだろうけど。

天体写真は金がかかりますな!
ただ、このレベルだったらまだ大したことはない。w

上のTアダプターにTリングを装着したところ。





ひとつとして、
”made in japan”
の刻印がない点に、腹立たしい、というか、寂しさを感じる不肖である。


最後にリリカ。





実は先ほど、
兵庫(輸入代行業者)を経由して、アメリカから最終兵器(笑)が届いた。

詳細は明日以降。

ではまた


両方ともクリックしてね!



にほんブログ村 士業ブログへ


プレートホルダーSX装着 デカ双眼鏡(SAFARI BC25×100)−その3−

  • 2013.08.31 Saturday
  • 21:50
 
台風15号は温帯低気圧に変わったようだが、
北部九州、他の地域で被害がないことを祈りたい!

本日、Vixenの「プレートホルダーSX」が到着した。
これは双眼鏡や望遠鏡を「HF2経緯台」に装着するためのものである。

で、開封すると早速こちらの方が!w

ソラである。
11:20




と、あっという間にレミが中に入りこみ、検品体制に!

11:20



ご存知のように、ビニールで動かないように梱包してあるので、
簡単には引き出せない。

今度は、ソラが検品体制に。w

11:20



いくらなんでも、そんな狭いところに2匹も入りこんだら検品できないだろう!
と思うのだが、

11:21



なんとかビニールを破り箱のふたを開けたのだが...

こらこらキミたち、邪魔なんだけど!

と言っても聞く耳なし!

11:22



取り出そうとすると、
自分がやると言わんばかりにソラの手が。

11:22



続いて、レミのチェック!!

熱心なことで。w

11:22



まあ、片手で撮ってないで両手でやればどうってことないのだが、
そこはそれ、
ねこの写真を楽しみにされている方々がいらっしゃるようなので、

サービス、サービス!w

ようやく広げることができた。
が、相変わらずチェックが厳しい!w

11:24



これがアリミゾと呼ばれるものである、らしい。

1時間後、
検品に疲れたのか、ソラは窓際のゆりあのベッドでお休み中。

ちょっと暑さが凌げるようになったので、ベッドを戻した。

それにしてもなんという寝相だ!

12:54



撮ってる最中に寝返りなり。

12:56



ちょっと、位置を変え、顔をアップ!

12:56



と、気づかれた。

12:56



ナニ撮ってんのよ!

といった感じかな?

12:56



装着前。

付属のネジ(M8?)は大きすぎて「HF汎用プレート」にはねじ込めない。
それでM6ネジを準備した。

14:31



事前にVixenにメールで問い合わせたところ、
すぐに詳細な回答をいただいた。

プレートホルダーからネジ頭が飛び出さないためのワッシャーの厚さなど、
微に入り細に入り非常に丁寧な説明であった。

サポセンの鏡だなVixenは!!

それによると、
Vixenでは「M6×16」というネジを1本350円(税抜き)で販売しているとのことだったが、
少々高いような気がしたし、送料も時間もかかることだろうから、
町内のホームセンターまで探しに行った。

なお、メールには、
ホームセンターで買えますよ、旨の記載があった。
親切なサポセンだね〜

ちょっと考えて「M6×20」を2種類買ってきた。
(両方で300円強、Mは太さ、16とか20はネジの長さである。)

HF汎用プレートに装着したところ。

14:45




背景の2台のロードバイクがうるさいけど、
我慢してね!w

16を20にしたので、狙い通りプレートからネジが飛び出した。
当然にナットで締めた。
これでかなりしっかり装着できたと思う。

で、
デカ双眼鏡を載せる特注アリガタプレートを付けてみた。

バッチリである。




なぜ、双眼鏡を載っけなかったかというと、
特注プレートを艶消し黒色のスプレーで塗装するためである。

ここまで来たら、結構拘るしかないだろう!w
と思う。

なお、双眼鏡の重さは公称4.5kgであるが、
ネット上で、実重は3.76kgであるという記事を見かけたので実測してみた。

結果、3.77kg(吊り下げ式デジタル秤)であった。
HF2経緯台は耐荷重が10圓箸い錣譴討い襪里如特注プレートを入れても楽勝かと思う。

なぜ、こんなことを細々書くかというと、
ネットをググるであろう将来の購入者のために、である。

最後に、本日のゆりあ。

18:25




ワンショットでキマった!w
(自分撮り)

昨日、レミソラ以外のねこ達の写真も!
というコメントを頂いたが、
実はそのコメントを頂く前に自宅のねこ達の写真を撮っている。

なんとなく罪の意識を感じていたもので。ww
それらは明後日以降にアップさせていただくのでよろしく!


では、
楽しい週末を!




にほんブログ村 士業ブログへ


デカ双眼鏡(SAFARI BC25×100)−その2−

  • 2013.08.30 Friday
  • 12:44

レミ
8/29 17:32



さて、一昨日、注文していた双眼鏡用の金具が届いた。
アルミ製の頑丈なもので、丁寧な解説書付き。


 

早速、双眼鏡を載せてみた。





本来の支柱(左)と合わせての2点支持になるので、安定度が大幅に増加する感じ。

ただ、
アルミ製のアリガタの工作精度は問題はないが、

左の支柱に取り付けるパッキン等、たぶん電気(水道?)工事用のものだと思われるが、
カットとか長さなどが雑。w

近いうちに見繕ってきて自分で加工したいと思う。

右の支柱には、Vixenのファインダー用アリミゾが付けてあるので、
以前ヤフオクで入手した同じくVixenのXYスポットファインダーを装着してみた。




25倍ともなると、7倍の双眼鏡と異なり、
やはりファインダーがあった方がはるかに扱いやすいはずだ。

事実、試用した日、導入に骨が折れた。
天頂付近を見るのに首の骨も折れそうだったが。w




けっこう、様になってきた。

ただ、アルミ製アリガタ、
そのまま剥き出しなので見苦しい、黒のつや消し塗装をしようかな。




スポットファインダー、
こんな感じに通しガラス(?)に赤い点が投影される。

使用前にこの点の方向と双眼鏡の方向とを一致させておけば、
目標天体を簡単に双眼鏡の視野に導入できるという次第。




機能美の世界だね、道具ってものは。




で、これでHF2経緯台に載せられるかというと、まだダメ、
現在、もう1個の部品、アリミゾ式のプレートホルダーSXの到着待ち。

なかなか空を眺められないのだ。w

アリガタ、アリミゾというのはVixen(日本)が考案したやり方のようで、今や世界標準となっている。
数十年ぶりに復帰した不肖には最初何のことやらさっぱりわからなかった。

上の写真で、
XYファインダーの下部がアリガタ形式、白い部分がアリミゾ形式、ということのようだ。

こういう構造になっていたら、
どのメーカーのものでも利用できるという利点が生まれる次第。

夜空とは全然関係のないソラの近影。
相変わらず眠そうな目。w

8/29 12:17



でも、たまにはピシッとした顔を。

8/29 18:26



8/29 11:04

仕事の邪魔をするのは得意中の得意!



最後に、今朝ほど撮った動画を。

8/29 10:09〜



ではまた




にほんブログ村 士業ブログへ

デカ双眼鏡(SAFARI BC25×100)のその後。

  • 2013.08.29 Thursday
  • 12:35
 
まずは、
お約束のねこ写真!w

8/27 23:13


(最後の方でさらに4枚アップ)


星空の観望用に購入した口径100mm25倍双眼鏡、






重さが4.5kgということで、
頑丈なプロ用三脚でもかなりのブレ。





なので、定評のある、
VixenのHF2経緯台と汎用プレート、HAL130三脚を追加購入した。





狭いので三脚は全開にしてない。
しかしまあ、これでもう双眼鏡の金額を凌駕してしまった。w





見かけはご覧のようにキマっているのだが、
双眼鏡がデカすぎてうまく装着できない!!





上のようにマンフロットの自由雲台396RSを介して装着したのだが、
双眼鏡の目幅を合わせようとすると、 





クィックシュー部分が干渉して、
私の目幅に合わせられない!!





見た目はホントにキマってるんだけど。w





仕方がないのでさらに特注部品を注文する羽目に!
道楽は金がかかりますな。w


再び、ねこ(レミ&ソラ)写真を。

まとめてカキカキ!




2匹一緒にやって来るので大変である。w





撮影用に腕がもう1本欲しいところだ。w





ご満足いただけたようで。w

8/27 23:20




明日は、特注部品届く!の予定。


では、後半頑張ってください!




にほんブログ村 士業ブログへ

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

本日の名言・格言

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

法と経済学
法と経済学 (JUGEMレビュー »)
スティーブン・シャベル

recommend

recommend

recommend

新しい行政不服審査制度
新しい行政不服審査制度 (JUGEMレビュー »)
橋本 博之,青木 丈,植山 克郎

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

税務訴訟と要件事実論
税務訴訟と要件事実論 (JUGEMレビュー »)
平野 敦士,佐藤 善恵,村井 淳一,岡野 訓

recommend

recommend

租税訴訟実務講座
租税訴訟実務講座 (JUGEMレビュー »)
大野 重国,木下 雅博,東 亜由美

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

法と経済―効率性と社会的正義とのバランスを求めて
法と経済―効率性と社会的正義とのバランスを求めて (JUGEMレビュー »)
ジェフリー・L. ハリソン, Jeffrey L. Harrison, 上田 純子

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM