「平成20年度税制改正の要綱」

  • 2008.01.12 Saturday
  • 15:04
が昨日、閣議決定されました。
全文はこちらから見ることができます。

PDF版(29頁)はこちらにあります。

旧「テロ対策特別措置法」に代わる「インド洋での給油活動特別措置法」が昨日、再可決(憲法59条)成立したことにより、今臨時国会は事実上終了しました(閉会は15日です)。

そして、すぐさま18日に通常国会が召集され、「平成20年度税制改正の要綱」に基づく税制改正関連法案が審議されることになります。
例年であれば、「要綱」どおりの税制改正が実施されるわけですが、衆参での「ねじれ国会」のため、一部法案の成立は微妙となっています。

例えば、道路特定財源の暫定税率が維持されるか廃棄されるかはガソリンの価格に直結するため、その行方が気になるところです。

「要綱」の12頁、「九 その他」の「1」がそれですね。

「1 揮発油税及び地方道路税並びに自動車重量税について、税率の特例措置の適用期限を10年延長する。」

これに対して民主党は同党の「税制改正大綱」の「 平成20年度税制改正への対応」の「5.自動車関係諸税の改革等」で、

「○ また暫定税率も、地方分を含めて全て廃止する。暫定税率廃止後においても、地方における道路整備事業の水準は、従来水準を維持できるよう、確保する。」

としています。
両者は真っ向から対立しているわけで、万が一、3月末までに「暫定税率」に係る特別措置法が成立しない場合には、ガソリン価格がリッター当り25円も下がることになります。

う〜ん、微妙に政局になりそうな雰囲気ですね。

今日はここまで


コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

本日の名言・格言

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

税務訴訟と要件事実論
税務訴訟と要件事実論 (JUGEMレビュー »)
平野 敦士,佐藤 善恵,村井 淳一,岡野 訓

recommend

recommend

租税訴訟実務講座
租税訴訟実務講座 (JUGEMレビュー »)
大野 重国,木下 雅博,東 亜由美

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

法と経済―効率性と社会的正義とのバランスを求めて
法と経済―効率性と社会的正義とのバランスを求めて (JUGEMレビュー »)
ジェフリー・L. ハリソン, Jeffrey L. Harrison, 上田 純子

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM