「税法」VS「租税法」

  • 2008.02.04 Monday
  • 10:39
税に関する書籍名を見ますと、
「税法」と「租税法」というものがあります。

両者はどう違うのか?

私もそうでしたが、初学者が悩むことの一つかもしれません。
結論は、

「税法」=「租税法」

だと考えます。
単に呼称の差異にすぎないと思います。

ここで「税法の世界」における学会の歴史を顧みたいと思います。
我が国の税法におけるメジャーな学会には
「日本税法学会」と「租税法学会」とがあります。

我が国における租税法に関する最初(と思います)の学会、
「日本税法学会」は、「シャウプ税制」(シャウプ税制使節団のシャウプ博士が提出した「日本税制報告書」に基づく税制)が導入されてしばらく経った昭和26年に設立されました。

ところが、よくあることですが、
運営方法をめぐっての対立が起こり分裂し、昭和47年に「租税法学会」が設立されました。
日本「税法」学会と「租税法」学会、
どちらも租税に関する学会としては内容的には同根、同じということで、単に呼び名の違いということになります。

因みに「日本税法学会」の学会誌は「税法学」、「租税法学会」の学会誌(年報と称されています)は「租税法研究」となっています。

この分裂の原因ですが、
関東勢と関西勢の対立、すなわち「東大」VS「京大」の構図ではなかったかと思います。

「日本税法学会」の現在の理事長(会長)は田中治大阪府立大学経済学部教授(京大法学部卒)のようですが、田中教授以前は清永敬次京大名誉教授(京大法学部卒)でした。
清永敬次教授といえばミネルヴァ書房の『税法』ということになります。

税法 第7版 (法律学全書 5)
税法 第7版 (法律学全書 5)
清永 敬次

次は「租税法学会」の方ですが、現在は水野忠恒一橋大教授(東大法学部卒)が理事長をされているようですが、
それ以前は、実に20年間に亘って金子宏東大名誉教授(東大法学部卒)がされていました。

昭和47年に「租税法学会」が設立されたと前述しましたが、西暦では1972年にあたります。
すなわち、金子宏東大名誉教授の理事長在任期間は1972年から1992年ですので、設立時から理事長職にあられたのではないかと推察されます。

因みに、金子宏東大名誉教授の著書には『租税法』が、水野忠恒一橋大教授の著書にも『租税法』があります。

法律学講座双書 租税法 第11版
法律学講座双書 租税法 第11版
金子 宏

租税法 第3版 (法律学大系)
租税法 第3版 (法律学大系)
水野 忠恒

ところで入門者向けに有斐閣新書『税法入門』がありますが、こちらは金子宏、清永敬次ほか2名の共著になっています。
税法への取っ掛かりとしてはこの本が適切かもしれませんね。
似たような本に、北野弘久日大名誉教授の岩波新書『納税者の権利』がありますが、最初に読む本としては少々勧めかねます。
私の最初の洗礼は北野教授の『税法』と『納税者の権利』だったんですけどね。

税法入門 第6版 (有斐閣新書 A 61)
税法入門 第6版 (有斐閣新書 A 61)
金子 宏

納税者の権利 (岩波新書 黄版 174)
北野 弘久

税法学原論 第6版
税法学原論 第6版
北野 弘久

まあ、グダグダと書き連ねてきましたが、そんな訳で、
「税法」と「租税法」とは単に呼称の違いだと思うわけです。

なお、最近の傾向としては、両学会に参加されている方が多く見られます。
「多く」と言っても、租税法を専門とする学者の数は非常に少ないのが現状ですが。

ただし、税法の本質という点で言えば、2つの考え方があることは事実です。
税金を徴収する側の視点と税金を納める側の視点とが。

長くなりますので、これについてはいずれまた。


コメント
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2015/08/16 5:01 AM
佐々木様から訂正のご依頼が参りました。

1行目;

日本税法学会から、租税訴訟学会の分裂ですが、

誤)租税訴訟学会
正)租税法学会

以上、よろしくお願いいたします。
  • 税理士窪田
  • 2010/12/06 6:35 PM
日本税法学会から、租税訴訟学会の分裂ですが、分裂当時、日本税法学会理事長である中川一郎名城大学教授(法学博士、弁護士)が、学会の実質的なトップである理事長職を独占し、田中二郎博士(東大名誉教授・行政法学の最高権威で、現東大名誉教授で学士院会員の塩野宏博士の舅)、杉村章三郎博士(東大名誉教授・財政法学の最高権威)を実権のない形式だけの会長、若しくは、会長代行に祭り上げただけだったため、東大の金子宏、日大の北野弘久、早大の新井隆一の3人を中心に純粋な法学者だけで設立されたものです。
当時は、(租)税法学は、行政法か財政法の一部との位置付けだったわけです。今でも、大学図書館では別の書棚にありますね。
学会の運営資金面で、中川先生の個人的な集金能力に依存すること(スポンサーである賛助会員、中川法律事務所の顧問先等)も多々あったようです。

金子先生は来月で傘寿(80歳)、北野先生は、先般お亡くなりになりました。独特の租税理論をお持ちでした。租税理論学会というものを設立され自ら理事長をされていましたが。
新井先生はお元気だと金子先生から聞いたのですが、最近はいかがな情況でしょうか。

------------------------------------------

佐々木様よりコメントをいただきましたが、メルアドが記載されていましたので、
スパムメール防止の観点から、
窪田の判断で、本文だけをコピーさせていただきました。
  • 佐々木
  • 2010/10/23 7:20 PM
YOKAROさん、毎度どうもです。

田中教授のご尊顔を初めて拝しました。
どうも有難うございます。

田中教授のサイトでのコメントを引用して、早速、「税金まにあ」の木村税理士にちょこっと突っ込みを入れるあたり、素早いですね。

他人様のブログはあまり見に行かないのですが、「税金まにあ」はたまにまとめて拝見しています。
もちろんYOKAROさんところも。

ではまた
  • reotaro
  • 2008/05/15 11:22 AM
田中治先生は、今年度から同志社大にいらっしゃるようです。
http://law.doshisha.ac.jp/msg/tchr/01/40.html
えーと、
福山雅治似なんですか、すごいですね。
でもDOOR5296さんのコメントを再度チェックしてみますと、

>ズレているとは、思いますが・・・

なんですか...(笑)
DOOR5296さんが仰るように、私の意図が十分に伝わってないような気がしないでもありません...

ところで、別にご購入をお勧めしている訳ではありませんが、
アマゾン、有斐閣新書『税法入門』以外は最新版がありますね。
私は最新版は金子『租税法』しか持っていませんけど。

ではまたどうぞ。
  • れおたろう
  • 2008/02/04 8:13 PM
アマゾンにリンクされている本では、
金子先生のものしかないですね。

ただ、金子先生の本は役立ちますよね。


ホント、いい枕です(汗)


さて、本題です。
「YOKARO先生」のお顔と「ましゃ(福山雅○さん)」のお顔ぐらい
YOKARO先生が仰っていることは
ズレているとは、思いますが・・・

YOKARO先生や窪田先生のように
税金を徴収する側の視点と税金を納める側の視点という両方の視点があるということを頭に描きながら
今後も税法を勉強していきたいと思います。
  • DOOR5296
  • 2008/02/04 6:19 PM
トラックバック有難うございます。
私の勝手なイメージ、
そげんはずれてないですよね?(^_^;)

言葉の意味は同じのはずだけど、やはり?

>VS

なのですね(^_^;)


>長くなりますので、これについてはいずれまた。

楽しみです♪
またトラックバックお願いします(^O^)/
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

本日の名言・格言

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

税務訴訟と要件事実論
税務訴訟と要件事実論 (JUGEMレビュー »)
平野 敦士,佐藤 善恵,村井 淳一,岡野 訓

recommend

recommend

租税訴訟実務講座
租税訴訟実務講座 (JUGEMレビュー »)
大野 重国,木下 雅博,東 亜由美

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

法と経済―効率性と社会的正義とのバランスを求めて
法と経済―効率性と社会的正義とのバランスを求めて (JUGEMレビュー »)
ジェフリー・L. ハリソン, Jeffrey L. Harrison, 上田 純子

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM