農事組合法人の設立。

  • 2008.09.17 Wednesday
  • 10:36
数日前、注文しておいた農業関係の書籍が10数冊届いた。
読むだけでも大変そうな量である。

先月だったか、飛び込みで1月以降の決算書(試算表)を作成して欲しいという依頼があった。

よくよく聞いてみると、会社を昨年暮れに設立してそのまんまになっているとのこと。

領収証等の枚数は少ないので、大幅に安価で引き受けたのであるが、
「アチャー!」
という羽目に陥った。

詳しくは書けないのだが、「農事組合法人」である。
「設立届」の控や「定款」を持ってきてもらったが、税務署の分しかないし、また定款認証の形跡なし。

鹿児島県は?
肝付町は?
ということで問い合わせたところ、県は設立届が提出されているとのこと。
しかし、町には出されていない旨。

ヘンである。
県への届は、お隣り鹿屋市まで足を運ばなければならないが、町は地元である。
おまけに作成したのは地元の○○○士、県ののを作成して町のを失念することがあるのだろうか、甚だ疑問である。

最近の役場職員は昔と違ってマシになったのでミスはないと思うのだが。
ただ、以前、といっても20年以上前のことだが、私の住民票が勝手に異動されていたことがある。
また、10年近く前のことだが、従兄弟の土地が私の名義になっていたこともある。

ともかく町へは新たに届けることにした。

で、定款の認証の件であるが、農事組合法人の場合、定款の認証は「不要」なんだそうである。

(知ってました? 同業者の皆さん。)

おまけに、登録免許税(株式会社の場合15万円)も要らないんだそうである。
「農業」ということで優遇されているのである。

で、何故に「アチャー!」という羽目になったかというと、
提出書類、すなわち「設立届」は「税務署」、「県」、「町」への「法人設立届」だけではなかったのである。

「農協法」に基づく行政庁(今回の場合、鹿児島県)への「設立届」も必須だったのである。

農業協同組合法
第72条の16
 農事組合法人を設立するには、3人以上の農民が発起人となることを必要とする。
2 発起人は、共同して、定款を作成し、役員を選任し、その他設立に必要な行為をしなければならない。
3 前項の規定による理事の選任については、第72条の12第4項の規定を準用する。
4 農事組合法人は、成立したときは、成立の日から2週間以内に、登記事項証明書及び定款を添えて、その旨を行政庁に届け出なければならない。

農業協同組合法施行細則
第39条
 法第72条の16第4項の規定による農事組合法人の設立の届出は,別記第54号様式の届出書に次に掲げる書類を添えて,行わなければならない。
(1) 登記事項証明書
(2) 定款
(3) 設立発起人会の議事録抄本
(4) 事業目論見書
(5) 役員の住所,氏名及び経歴の概要を記載した書類
(6) 組合員の住所,氏名及び出資引受口数(現物出資の場合にあっては,その目的たる財産の名称,数量及びこれに対して与える出資口数)を記載した書類

上記「事業目論見書」が厄介である。作成に時間がかかるのである。
いまさら愚痴をこぼしても仕方がないので作成中であるが、何故に、最初に関与した○○○士はちゃんとやってくれなかったんだろうか。

依頼人に確認したところ、県からお尋ねの文書が届いて初めて知ったとの事である。
そりゃそうだ、やったことがなければ税理士でも知らないのだから。
でも、最初に受けた専門家が安易に業務を遂行したが故に、私が余計な仕事を抱え込むことになったのである。

じゃあ、その分しっかりと請求すればいいじゃないか!
ということになるが、フツーの農業従事者がいかに辛酸をなめているか知ってるばかりに、農業を営む方にはほんの少ししか請求できないのである。請求しづらいのである(笑)。

ところで、先ごろご紹介した、
東京近県から都内に進出した古い友人であるが、彼の事務所には専門書が一冊たりとも見当たらなかった。
聞けば、国税庁のサイトで済ませているとのこと。

「でも複雑な事案があるんじゃないの?」
と再度確認したら、
そのようなところは最初から引き受けない、とのことであった。
「なるほどそういう方法もあったか」
と思い知らされた、のであった。

ほとんど実費しか請求しない(できない)ような仕事を引き受けて、関連書籍を10数冊も購入している自分は、
もしかしてアホなんじゃないだろうか?
とも思えてくる。
まあ、いいけどね。

件の「彼」、先日女性を3人雇用していると書いたが、あと2人男性がいるとのこと、
遠くは京都や大阪にまで関与先があるとのことであった。

人口よりも牛や豚の数の方が多いこの地域で、地域内の顧客だけを相手にしている私とは段違いである。

でも、ネコ相手にノンビリと暮らせる此処はなかなか捨てがたい、私には。



人間は嫌いだけどね(笑)。

(知らない方は本気にするかもしれないな、このオチは。)

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

本日の名言・格言

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

税務訴訟と要件事実論
税務訴訟と要件事実論 (JUGEMレビュー »)
平野 敦士,佐藤 善恵,村井 淳一,岡野 訓

recommend

recommend

租税訴訟実務講座
租税訴訟実務講座 (JUGEMレビュー »)
大野 重国,木下 雅博,東 亜由美

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

法と経済―効率性と社会的正義とのバランスを求めて
法と経済―効率性と社会的正義とのバランスを求めて (JUGEMレビュー »)
ジェフリー・L. ハリソン, Jeffrey L. Harrison, 上田 純子

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM