「ハゲタカ」を観る。

  • 2008.11.06 Thursday
  • 12:50
「監査法人」に続いて、
遅ればせながら「ハゲタカ」を二晩かけてみた。
昨夜はvol3〜6(最終話)、4時間かかった。


ハゲタカ DVD-BOX
ハゲタカ DVD-BOX
ポニーキャニオン


こちらは、甘っちょろい「監査法人」に比べて見応えがあった。
最終話はお決まりの日本的結末ではあったが。

まだご覧になってない方は、一度は観てもよろしいのではないかと思う。

それにしても、エンドクレジットで空から1万円札が降ってくるシーンには覚えがあった。
そこだけTVを観たのであろうか???

ところで、日経の「私の履歴書」であるが、現在、国鉄改革三羽烏(?)の松田昌士氏が執筆されている。

当時の国鉄を知る者としては、
「ハゲタカ」や「監査法人」などは大したことに思えないでもない。
ひどい時代だった。

もうひとつ、
「ハゲタカ税理士」というのが存在するらしい。
前回の地域別研修会の終了時に県連会長が指摘していた。

顧問税理士が処理した結果を穿って、不適切な処理を発見した場合、納税者に損賠を提起するよう勧め、
賠償額の一部を懐に入れる、ということらしい。

いいんじゃないの?
などと思ったりもする。

どの世界でもそうだが、「悪貨は良貨を駆逐する」のがフツーである。
「ハゲタカ」が「悪貨」を駆逐してくれるのであれば、納税者にとっては望ましいことではないか。
ひいては世の中も少しはマシになるというものだ。

「ハゲタカ」のターゲットにならないようにするための、基本、
それは「勉強」あるのみである。
それが嫌なら業界から退出すればいいだけのことである。

ハゲタカ税理士が怖くて税理士業務はやってられない!




念のため税理士損賠保険の補償額を引き上げておくとするか。(笑)
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

本日の名言・格言

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

税務訴訟と要件事実論
税務訴訟と要件事実論 (JUGEMレビュー »)
平野 敦士,佐藤 善恵,村井 淳一,岡野 訓

recommend

recommend

租税訴訟実務講座
租税訴訟実務講座 (JUGEMレビュー »)
大野 重国,木下 雅博,東 亜由美

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

法と経済―効率性と社会的正義とのバランスを求めて
法と経済―効率性と社会的正義とのバランスを求めて (JUGEMレビュー »)
ジェフリー・L. ハリソン, Jeffrey L. Harrison, 上田 純子

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM