7.6最高裁判決速報。

  • 2010.07.06 Tuesday
  • 18:23
最高裁の「判例検索システム」に本日の、
いわゆる「二重課税」事件判決がアップされました。

ハヤッ!!

事件番号    平成20(行ヒ)16
事件名     所得税更正処分取消請求事件
裁判年月日   平成22年07月06日
法廷名     最高裁判所第三小法廷
裁判種別    判決
結果      破棄自判

原審裁判所名  福岡高等裁判所
原審事件番号  平成18(行コ)38
原審裁判年月日 平成19年10月25日

裁判要旨;
1 相続税法(平成15年法律第8号による改正前のもの)3条1項1号の規定によって相続により取得したものとみなされる生命保険契約の保険金で年金の方法により支払われるもの(年金受給権)のうち有期定期金債権に当たるものにおいて,当該年金受給権に係る年金の各支給額のうち被相続人死亡時の現在価値に相当する金額として相続税法24条1項1号所定の当該年金受給権の評価額に含まれる部分は,相続税の課税対象となる経済的価値と同一のものとして,所得税法(平成22年法律第6号による改正前のもの)9条1項15号の規定により所得税の課税対象とならない
2 所得税法(平成18年法律第10号による改正前のもの)207条所定の生命保険契約等に基づく年金の支払をする者は,当該年金が同法の定める所得として所得税の課税対象となるか否かにかかわらず,その支払の際,その年金について所得税法208条所定の金額を徴収し,これを所得税として国に納付する義務を負う


判決全文

原審の判決はアップされていませんね。
TAINSにはあるはずなのでチェックしてみたいと思います。

「チェックする」ではなく「してみたい」とはのんびりしてるんじゃないか!?

という声が聞こえてきそうですが、
実は、

業務用のPCが昨日から挙動不振に陥り、現在復旧中です。
EXCELやWORD等のみならず、会計ソフトや税務ソフトまでもが起動できなくなったため、

とてもじゃないけど、
判決をゆっくり読んでいる時間がありません。

興味のある方はご自分でどうぞ!


なお、
コメント欄にこの判決に関連してご質問が寄せられていますが、
コメント欄は文字通り「コメント」を記していただく欄であって、Q&Aの欄ではありません。

申し訳ありませんが、
コメント欄でのご質問等にはお応えできません。
ご了承の程お願いいたします。

因みに、
私は対面での無料相談の類はおろか、ネット上での相談等には一切応じていません。

前者については、

プロたる者、プロの矜持を持つべきである!

後者については、

民法644条「委任」または656条「準委任」関係の前提としての、
信頼関係の確立!

という基本スタンスから、
そういう結論に至っています。
悪しからず。

ついでに言わせて貰えば、
「人にモノを尋ねるんだったら尋ね方ってもんがあんだろう!」
という点など、
結構重視する人間だったりもするものでして、

ホント、ヤな性格、困ったヤツですね!! 爆)




にほんブログ村 士業ブログへ
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

本日の名言・格言

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

税務訴訟と要件事実論
税務訴訟と要件事実論 (JUGEMレビュー »)
平野 敦士,佐藤 善恵,村井 淳一,岡野 訓

recommend

recommend

租税訴訟実務講座
租税訴訟実務講座 (JUGEMレビュー »)
大野 重国,木下 雅博,東 亜由美

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

法と経済―効率性と社会的正義とのバランスを求めて
法と経済―効率性と社会的正義とのバランスを求めて (JUGEMレビュー »)
ジェフリー・L. ハリソン, Jeffrey L. Harrison, 上田 純子

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM