どうやら猫の手を借りなくても済んだようだ!

  • 2012.01.20 Friday
  • 10:35
 
法定調書の提出もほぼ今日で終わり、
どうやら猫の手を借りずに済むことができた。w


                              日向ぼっこ中のリリカ、正直、ネコがうらやましい!w


続いては確定申告、
2/16までに完了するつもりだが、なんせ相手のあること、予定は未定である。

一雨ごとに庭の雑草も芽立ち、一面、緑の世界が広がっていく。
道路前の田んぼもご覧のとおり、新緑の世界だ。





春はすぐそこ、という感じである。




にほんブログ村 士業ブログへ

法定調書の提出

  • 2012.01.16 Monday
  • 13:10
 
昨日からの雨で桜島の灰が流され、
車もだいぶきれいになった。



                                              ゆりあ 1/15 12:54

自分撮りなので、なかなか思うような顔を写せないが、
これはよく撮れたと思う。


今日あたりで総括表も合計表もすべて電子申告(窓口提出も含む)する予定だったのだが、
数件残っている。
いまだに、年調に使う証明書が届かないからだ。

なわけで、
特例納付書も作成できない。

事業規模の小さいところほどこの傾向がある。
マル扶や保特の用紙をなくしたに至っては...力が抜ける。w

こうして予定が次から次へと狂っていくのである。
困ったものだ。

今年の暮れは、
期限を早めに設定して、間に合わない時はそのまま作成・提出することにしようかな。
同業者のみなさんはどのようにしてるんだろう?




にほんブログ村 士業ブログへ

租税訴訟学会研究会に参加。そして、クリスマスにもかかわらず...仕事中。

  • 2011.12.25 Sunday
  • 19:44
 
皆さん、今ごろは家族や恋人と楽しく食事中だろうか?
不肖クボタは仕事中!

10月決算法人の資料がようやく昨夜届けられた。
去年よりもヒドイ!

また今年も、
年末年始なしの仕事三昧だ、うれしいね!w




上は、横浜の赤レンガ倉庫にあったツリー、
21日の夜に写して来た。

この日は、
東京税理士会館で開催された、租税訴訟学会の研究会に参加するため上京した。

テーマは、
「遡及立法合憲判決について−最判平23年9月22日、30日判決の検討−」

講師は、藤曲武美税理士、
主催は、租税訴訟学会
共催は、東京弁護士会、第二東京弁護士会税法研究会、日本税務会計学会(東京税理士会)

東京税理士会の会則研修であったにも拘らず、参加者は最終的にせいぜい50名ぐらいであった。

始まる前、30名にならないぐらいの段階で、
受付で東京税理士会会員以外の者が10名近く確認できた。

私を含め、会員外は氏名を記入するようになっていたのだが、
弁護士の方もいたので、他の税理士会からの参加者はほとんどいなかったのかもしれない。

東京税理士会の場合は、私の所属する南九州税理士会なんかとは違い、毎月、研修会が開催されているようだが、
それにしても少ないんじゃない?
と思った。

こういうカタイ話になると出席者の数が極端に落ち込むのは東京も九州も一緒のようだ。 
遡及立法なんかどうでもいい、税金の計算さえしてればいい!
というわけではないと思うのだが、ね。

内容はとても面白く拝聴できた。
特に討論では憲法84条だけでなく、13条、29条、31条、39条はもとより、米国連邦最高裁の違憲審査基準(注)などもからめて論議され、
久々に知的刺激を受ける機会となった。

やっぱりこうでなくっちゃ!

今回の裁判で訴訟代理人となられた山田二郎弁護士(租税訴訟学会会長)、
学会MLで真っ先に訴訟指揮に関して異を唱えられた志賀櫻弁護士も参加されており、
藤曲武美税理士を交えての(白熱した)論争はとても勉強になった。

この忙しい時期、
わずか2時間半の研究会のために東京まで往復した甲斐があったというものである。

研究会が終わるとすぐに宿泊先の横浜に引き返し、
(湘南新宿ライン、あれ、速くて便利だね)
FBフレンドと夜景撮りに行ったときのものが上のツリー写真である。

あまりに寒くて、撮影は1時間で切り上げ、
彼女の行きつけの店である、
昭和39年に創業したといわれる由緒正しき(?)バー、アポロで久々にヴァーボンを楽しみ、
ホテルに戻った。





たまにはこういうのもいいもんだ!
と思う。
さあ、仕事に戻らなきゃ。


メリークリスマス!




にほんブログ村 士業ブログへ


注)
米国違憲審査基準については、
故芦部教授の『憲法訴訟の理論』や『憲法訴訟の現代的展開』が詳しい。

15時間で35,000歩!!

  • 2011.02.17 Thursday
  • 15:00

15,16日の両日、
シゴトで横浜、ついでに東京へも行ってきた。

ホテルでの爆睡していた13時間を除くと、
15時間で、
初日が19,982歩、2日目が15,000歩、都合35,000歩になる。

日頃は2、3,000歩が関の山、
なので、
少々足にきている。

撮った写真は400枚近く、
とりあえずサワリだけをご紹介しておこうかな。

例によって、
「次回」があるかどうかはわからないが。笑)

関東に向かうときには左側のシートを、
戻るときは右側を予約するようにしている。

なぜなら、
富士山を見るため!
日本人だね〜。



                   (2/15 12:30)


滅多にお目にかかれないシーンだ。

で、いきなり横浜の夜景。



                   (2/15 21:04)


(確か)53階から眺めた横浜港である。
左上にベイブリッジが写っているが、
いかんせんホテルの窓越しなので全体がボンヤリとしている。

ホテルはここ、
ランドマークタワーの52階から67階にあるロイヤルパークホテル。
高さも高いが、値段も高い!



                   (2/16 10:27)


モロ「絵葉書写真」だなぁ、ハズカシ!
船は日本丸。

いつもはお台場のホテルにしているのだが、
今回は横浜に事務所を構える同業者と会うことになったので、
急遽、このホテルにしたのである。

それにしても同じサイズの写真なのに、
縦にするとデカクなる。

先ほどは、
せっかく書いた記事が消えてしまったし、
どうもこのJUGEM(ロリポップ)は使い勝手が悪い。

動きが重いし、
メニューが言うことを聞いてくれないことが多い。

クリックすると画像が拡大される、
ライブドアの無料サーバーの方がよっぽどマシだ。

初日でシゴトが片付いたので、
2日目は旧知の女性を誘って東京をブラブラした。

東京でラブラブではない、東京をブラブラである。
誤解の無いように! 笑)

ニコライ堂に行きたいが場所がよくわからない、
ということだったので、案内した。
なんせ、
御茶ノ水、水道橋界隈は我が家の庭みたいなものだから。



                   (2/16 14:28)


ニコライ堂を出て、
由緒正しき(?)山の上ホテルのティールームでお茶。
万歩計は13,222歩を示していた。



                   (2/16 15:20)


このあと、空港に着いたのが17時前であった。

SNAの場合、(スカイマークもそうだったような)
鹿児島行きは空港のうら寂しい(笑)ハズレまでバスで連れて行かれる。

しかしながら、これにもメリットがる。
「機上の人」になる前に、
ほんの一寸だけ「地上の人」にもなれるのである。

すなわち、
写真が撮れる!



       (暮れなずむ羽田空港(のハズレ) 2/16 17:30)


離着陸時は携帯電話はおろかすべての電子機器が使えない。
でも、
巡航態勢に移るとデジカメとかMPプレイヤーが使用できるようになる。

MPプレイヤー、帰りはバッグの中に入れたままだったので、
眠い目を擦りながら撮影に勤しんだ。

離陸すると間もなく右前方に富士山を確認できたが、
近くに到達したときには宵闇にまぎれて写すことができなかった。
残念至極である。

仕方がないので、
地上の星、イルミネーションにカメラを向けた。



                    (2/16 18:18)


三河湾の上空では機長が場所を教えてくれたが、
ここはその前、
どこの上空かわからない!

さすが、CASIOのHR10、
HDR機能の優秀さが窺がえる!

瞬間的とは言え、
高速で、しかも機体を細かく震わせながら飛行する機上で、

高速連写した画像を合成しての「絵」である。

ブレが見られるが、
こういう写真が撮れること自体がオドロキである。

お疑いの方は、
お持ちのコンデジで試していただきたい。
まずもって撮れないことは、請合い!である。

晴天に恵まれた2日間であったが、
(横浜・東京では前日に雪が降ったらしく、道端にはまだ残っていた。)
鹿児島空港は小雨にけむっていた。

で、飛行機に乗っているときと同じくらいの時間をかけて、
山間部のアップダウン&カーブを走りぬけ事務所に着いたときには21時をまわっていた。

今はと言えば、
左足にチョイ筋肉痛を感じるかな?

預けていたやすべぇは連れ帰ったことだし、
さあて、
怒涛の確定申告だ!




  ↓ ↓


にほんブログ村 士業ブログへ

東京からの、来客準備。

  • 2011.01.09 Sunday
  • 13:00




高山川堤防を、
消防自動車がサイレンをけたたましく鳴らしながら、連なり走っていく。
おそらく出初式だろう。

おつかれさま、なり。

昨夜は関与先の新年会に呼ばれご馳走になってきた。
年末年始の激務の疲れにより体調が思わしくないので、
一応お断りしたのであるが、

しかしながら、
「焼酎で焼っ殺せば直ったいが!」
という無茶なお誘いに返す言葉もなく不承不承 (笑) 参加させていただくことに相成った。

結果、
焼酎は口にしなかったのだが、
体調がちょっと回復したような気がする。

基本的に私は、
余程の関係でない限り、
鹿児島県内では外で飲むことをしないようにしている。

しょうもないジョークや会話に疲れるし、焼酎は好きではないからである。
かと言って、
「ではバーボンを」とか「白のなんたらかんたらを」などと口にすると嫌われるため、
それも口に出せない。

酒ぐらいは好きなときに好きなように飲むのが一番である!

で、今日は来客がある。
某コンサルティング・ファームの代取をされている方である。

かつて、わが国の監査法人は、
「ビッグ・エイト」とか呼ばれていた時代があったが、
その頃、BIG8の一角でコンサル部門を立ち上げ、今日まで走って来られた方である。

鹿児島に特に用がある、というわけではないのだが、
通りすがりにちょっと寄られるということらしい。

ただ、
私の事務所まで来られるとのことである。
鹿児島空港から2時間も掛けて

私の方から出向くとお断りしたのだが、
どうしても、
ということなので、
お隣り鹿屋市のホテルに宿泊と今夜の食事を予約した。

大隅半島にはマシなホテルは皆無だし、食事も大したものはない。
なので、こういうときは非常に困ってしまう。
とはいえ、鹿屋市では代表的なホテルに部屋を取ることができた。

そういえば、
N代議士(当時)が以前、応援演説に鹿屋市を訪れた際には今回のホテルに宿泊した、
といってたことがある。

まあ、
由緒正しきホテルであることには間違いないようだ。

学部&院生時代、いろいろな高級ホテルで働いたことのある私から見ると、
いろいろと不備な点が目に付くが、
部屋や個室(食事処)を案内してくれた従業員の折り目正しい態度は、
それなりのものがあった。

部屋の広さや造りは今更どうしようもないが、
最後のキメはやはり接客態度だ。
今夜の食事とともに大いに期待したいところだ。

ところで、
来所されるということなので事務所を片付けるつもりでいたが、
このままで行くことにした。
片付けるにもモノを単に右から左へ移動できるだけのハナシだ。

せいぜい自転車を外に出すのが関の山である。
でも、それはできない。
雨が降り出しそうなので。

やすべぇ、
この2日間、何も食べていない。
口内炎が発症してそうには見えないし、ヨダレも流していない。

今のところ食欲の不振以外は変化がないけど、
明日は祝日だが、
何とか頼み込んで診てもらい、注射を打ってもらうことにしよう。

今夜は事務所に泊まりこみ看病かな?



  ↓ ↓


にほんブログ村 士業ブログへ

今年はどんな年になることやら...

  • 2011.01.05 Wednesday
  • 19:50
 

                   (1/2 15:01)


10月決算法人の申告がようやく間に合った。

最終資料を預ったのは31日、
本当に悲惨な正月を迎えるに至った。
(おまけに体調まで崩れてしまった)

年賀状も2年続けて出せずじまい。
新旧の年賀はがき同士では交換できないので、全くの無駄となる。
寒中見舞いで出そうかな。

やり方を変えられないようであれば他へ行ってもらうしかない。
税理士だって年末年始ぐらいはゆっくり過ごしたいのである。

「やすべぇ」は年末からちょっと落ち着いている。



            (31日の雪などどこにも見当たらない)


ただ、
以前、「鼻水が固まった」ととんでもない誤判断をした症状が現れたので、
昨日、ふらつく足取りで動物病院まで行き、
注射を打ってもらった。

自分も病院に行きたかったが、
その気力もなかったので、
ちょっとした薬を飲み、早々に床に就きたっぷり睡眠を取ったところ、
今日は関与先まで出かけられるまでに回復した。

自転車で少しは体力がついたのかもしれない。
以前みたいに、
結核じゃないのか!?
と疑われるような咳などが全然でなくなったところをみると、
心肺機能が向上したということじゃないかと思う。





ところで、
上の写真、わかる人が見れば、
「どうやって撮ったんだ?」
と思うに違いないものである。

ストロボなし、
レフ板なしではこういう写真を撮ることはほぼ不可能である、であった。

実は、新しいコンデジを購入した。
昨年末の日経に全面広告が掲載されていたカシオの EX-ZR10 である。

通常こういう場面では、
ネコに露光を合わせれば空が真っ白になるし、
逆に空に露出をあわせればネコが真っ黒につぶれる。

それを補正しようとするならば、
日中シンクロとかレフ板を使う必要があるのだが、面倒でやってられない。

その点、ZR10はHDR(ハイ・ダイナッミク・レンジ)機能で撮ると、
露光の異なるものを連写し合成することをやってくれる。

私に言わせれば「待ちに待った機能」ということになる。
ただ、上の写真でいうと、
連写の最中にネコが動いてしまうと、ブレてしまうという欠点がある。

このカメラにはもう一つ特徴的な機能がある。
HDRアートがそれである。



                (1/2 15:04 HDRアート)


アートと名がつくように、
上のような変わった写真が撮れる。
じきに飽きが来るかもしれないが、けっこう遊べる。

これは、と思う被写体よりも、
何気ない見過ごしてしまいがちな被写体ほどHDRアート向きである。

ただ、欠点もある。
それは、アートの程度は
カメラ任せ!
ということ。

撮影者の意図するところを表現できない!

でもまあ、
30,000円弱のコンデジにそこまで期待する方がどうかといったところであろう。

発売後、一時期25000円ぐらいまで下がっていたが、
新聞に広告が出て以来、価格上昇に転じ、それどころか入手不可能レベルまでになったが、
現在ではそこそこ落ち着いてきたようである。

これからコンデジを買いたい!
という方は選択肢の一つとしておススメのカメラかもしれない。



                 (1/2 15:03 HDRアート)


わが国で最初のデジカメ、
を発売したカシオのユニークさは未だ健在である。
別にカシオの回し者ではないけどね。



                   (1/1 21:06)


最近のやすべぇのお気に入りの場所;

・ストーブのそば
・私の肩の上
・私の膝の上

待てよ、
もしかすると、
一番のお気に入りの場所は、

お客さん(女性)の膝の上かもしれない。


というわけで(?)改めまして、

今年もよろしくお願いいたします。



  ↓ ↓


にほんブログ村 士業ブログへ

合格おめでとう!

  • 2010.12.14 Tuesday
  • 00:37
たまにコメントを寄せてくださっていた、
ミムラさんからメールが届いた。

5科目目、
(あ、税理士試験ね)
見事合格されたそうである。

よくは知らないが、まだ若い方である。
ミムラさん以外にもそういう方が合格されているはずだ。

今後の税理士界を背負って立つ方々の合格を心から祝福させていただきたい。

本当におめでとうございます!

(他人事ながら、非常に嬉しい!)



  ↓ ↓


にほんブログ村 士業ブログへ

連休、してますか!?

  • 2010.05.04 Tuesday
  • 09:21




4月は多忙を極めました。
(ブログの更新も1ヶ月間滞ってしまいました。)

・マルサ出身調査官による調査
・新人教育
・決算、申告
・関与先関係者の連日の不幸
・etc

連休とは名ばかり、
後始末と溜まった仕事の処理に追われていますが、
好天に恵まれた1日、友人に誘われ、

モルディブやプーケットの海に優るとも劣らない、
と、ごく一部で称されている、
ヘツカ・ビーチに行って来ました。




(岩に打ち上げられた水○体!?カメラを放さないところがリッパ!!笑)


陸の孤島と称される(蔑称か?)大隅半島、
の田舎である肝付町の、
そのまた田舎にある辺塚海岸、

噂に違わず素晴らしい海が広がっていました。
モルディブやプーケットの海がどんなものか知りませんが、

きれい!

の一言に尽きます。
海辺に小さな集落がありますが、
住民は17名、平均年齢は78歳、ということです。

願わくは、
このままの自然を保って欲しい!
というのは勝手な願いでしょうか?

てなわけで、
大隅半島の自然を紹介するためにブログを立ち上げました。
(サイトとブログで計8つぐらいになったはず、
            ですが、自分でもよくわかりません←ぅそ!)

みなみ風!

まだテスト投稿だけですが、近くヘツカ・ビーチの写真をアップする予定です。

このまま終ったりして? 笑)




にほんブログ村 士業ブログへ



ヘツカ・ビーチ
辺塚海岸の別称です。
といっても私が勝手に名付けました。
(単にカタカナ読みですけど)

柏原CR(サイクリング・ロード)に続き、今後はこれで行かせて頂きます。
柏原CR、少しずつ浸透しています。笑)

新人さん、いらっしゃい!

  • 2010.04.17 Saturday
  • 17:51
今月から新人が入所しました。
関西出身の22歳、新卒です。

WORDやEXCELはそこそこできますが、簿記の知識なし!

てなわけで、
わざわざホワイトボードを購入して、日商3級から始めました。

最初は、

なんなんだ、この酷さは!!

というレヴェルでしたが、指導の甲斐あって現在は2級工簿を学習中です。
というか、
工簿は今週月曜日から1回3時間程度、計6回で終了させました。

日商3級でも、
一時はどうなることかと心配させられましたが、
10日目ぐらいに過去問で100点を取り、杞憂に終わりました。

(税理士会研修の翌日から私は税務調査に張り付いていましたので、実質、1週間ぐらいの学習でしょうか?)

これも、私の、

「大学で何やってきたんだ!」
       とか、
「田舎へ戻れ!」
     (田舎って、ここよりも断然「都会」ですけど)
「よっぽどしょうもない大学だったんだな!」
   
といった、
非常に「優しい」指導の賜物ではないかと思います。笑)

本当は来週から2級商簿を1週間で教え、6月の検定を受けさせたいところですが、
時間の関係で2級商簿は11月検定まで「お預け」にするつもりです。

というのは、
8月に実施される、ある国家試験にチャレンジしてもらう予定だからです。

TACとかの専門学校だったら、
4月開始であれば「来年」の8月受験を前提にコースが組まれている試験を、

これから4ヶ月弱で学習&受験させる!!

という、
我ながら、
「実に素晴らしい」計画だと確信しています。爆)

もしろん、教えるのは私ですので、
どう考えても無理があるということは判っています。

しかしながら、
この試験に合格するレヴェルぐらいでないと、

「要らない!」

というのがホンネです。

まあ、本人がその気になっているので、
とにかく、頑張ってみるつもりです。

そんなわけで、
お陰様で、
ロードバイクに乗る時間を捻出できません。

何かを得るためには何かを犠牲にしなければならない!

って、
私には何も得るものが無いような...
う〜ん、ハテ!?




にほんブログ村 士業ブログへ

確定申告も明日まで...

  • 2010.03.14 Sunday
  • 22:53
何とか終わりそうです。
自分の分ともう1件残して、
消費税申告も含め、先ほど申告を完了しました。

電子申告、
やはり便利です!

今回は不幸がたて続けにあったりして、
時間に終われました。
このところ毎晩1時過ぎでした。

余裕を持ってやればいいんでしょうが、
元々が切羽詰らないとやれない困った性格なので、
勢い無理をすることになります。

来年こそは!!

商工会への派遣ですが、3日間で終了しました。
最終日に一気に「e-Tax」ソフトで電子申告しました。
といっても35件程度。

いまだに「紙」ベースの申告書、
というか、
税務署の「受付印」が押された申告書を要求する金融機関が存在するようです。

税務署<国税庁<財務省

なんだから、
金融庁を通じて金融機関にちゃんと言ってくれなきゃ!

電子申告を推進しているのにこのザマ、
しっかりしてほしいものです。
いつだって現場は苦労するんだから。
(今日は税務署(員)の味方です。笑)

商工会への派遣ですが、
2年連続して同一商工会へ行くことになっています。

来年は「全件」電子申告を目指す!

という力強い声を背に派遣業務を終えました。
消費税を含めると一挙に70件ぐらいは行きそうです。
税務署さん待っててね!

と、
対国税に関して非常に親和的!
なのにもかかわらず、
税務調査の予約が入っています。笑)

この時期は確定申告とぶつかるので、調査の1ヶ月以上前に連絡があることを初めて知りました。
滅多に被調査の機会がないので。

地元の税務署から1名、
鹿児島署からトッカン(正式には「特別国税調査官」)が1名来られるとのこと、

いやあ、楽しみです!

当初は4日間ということでしたが、
うっかりして研修会のことを失念していたので連絡したところ、
3日間に縮まりました。

研修会、
内田久美子弁護士による「中小企業を取り巻く税務訴訟の現状」、

う〜ん、
税務調査を前にして非常にタイミングのいいテーマですね。笑)

自分が調査官だったら、
という視点に立って法令は元より通達、裁決、判例を読み込んでおこうと思います。

明後日辺りからロードバイクに乗れそうです。
そっちも楽しみです。
ただ、身体が元に戻ったような。




にほんブログ村 士業ブログへ


calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

本日の名言・格言

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

税務訴訟と要件事実論
税務訴訟と要件事実論 (JUGEMレビュー »)
平野 敦士,佐藤 善恵,村井 淳一,岡野 訓

recommend

recommend

租税訴訟実務講座
租税訴訟実務講座 (JUGEMレビュー »)
大野 重国,木下 雅博,東 亜由美

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

法と経済―効率性と社会的正義とのバランスを求めて
法と経済―効率性と社会的正義とのバランスを求めて (JUGEMレビュー »)
ジェフリー・L. ハリソン, Jeffrey L. Harrison, 上田 純子

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM