「あの夏、いちばん静かな海。」

  • 2007.08.02 Thursday
  • 19:13
風雨も弱まりました。
台風5号、17時ぐらいに宮崎県延岡あたりに上陸したような感じです。

台風5号進路図(気象庁発表)(動画です)

今日の研修、ムリしていけば何とかなったかもしれません。今更言っても何の足しにもなりませんが。

私のところから車で45分程度北上しますと、宮崎県串間市(野生馬で有名な都井岬があるところです)に、その名もズバリ、
恋ヶ浦」(写真がイマイチですね)
というサーフィンのメッカがあります。
今日あたりはビッグウェイブどころが激しい波浪にさらされていることと思います。(現在、大雨洪水暴風波浪警報が出ています。)

で、思い出したのが「あの夏、いちばん静かな海。
(少々無理があるかな?)
いいネーミングだと思います。

先日、「ビッグ ウェンズディ」をご紹介しましたが、日本でサーファーを扱った映画といえばコレでしょうか?

あの夏、いちばん静かな海。
あの夏、いちばん静かな海。

ご存知「北野武」監督、3作目です。
ま、価格が高いので(5,250円)レンタルがあったらご覧になったらいかがでしょうか。
「北野武」、ヴァイオレンスだけじゃないんだよ! というところを十二分に見せてくれる映画です。


台風の北上するルート上にお住まいの皆様、くれぐれもご注意のほどを。

水曜日だからではないけど、「ビッグ ウェンズディ」

  • 2007.08.01 Wednesday
  • 12:20
7月のアクセス数です。



11,432ですので、昨年9月からの累計アクセス数は99,377ということになります。
感謝!!

さて、相変わらず毎晩DVDを楽しんでいます。
昨夜観たのはコレ、「ビッグ ウェンズディ」。

ビッグ・ウェンズデー
ビッグ・ウェンズデー

サーファーなら誰でも観たことがあるんじゃないかと思います。
私はサーフィン、やったことはありませんが(憧れはありました)、この映画は前から着目していました。
DVDもだいぶ前に買ったはずですが、楽しみは先延ばしにするタイプなもので、寝かしていた(ワインじゃないですが)次第です。

よくぞ撮影したものだ! というようなシーンが何箇所かあります。特に波のトンネルの中を滑るシーンは見事ですね。
キャメラは一体どこにセットしていたんだろう? と思わせられました。
(スチールはカメラ、シネマはキャメラ、と表示するのが通ですかね。)

サーファーでない方も一度は観ておいてもいいかもしれません。

主演のジャン=マイケル・ビンセント、この映画でデヴューしたそうですが、どこかで見た顔だと思ったら80年代に人気を博したTVドラマ「エアーウルフ」のホーク役で出ていたんですね。
マッハ1で飛ぶ、おまけに宙返りもできる「エアーウルフ」もかっこよかったけど、ホークの渋さも魅力的でした。

エアーウルフ、コンプリートDVD-BOXが販売されていますが、高くて手が出せません...

超音速攻撃ヘリ・エアーウルフ シーズン1
超音速攻撃ヘリ・エアーウルフ シーズン1

それにしても、ジェットヘリが空中戦で最新鋭ジェット戦闘機を撃墜する、というトンでもないストーリーでした。

最近観たシネマ

  • 2007.07.27 Friday
  • 11:02
昨夜帰宅したらテーブルの上に観終わったDVDが3本。何の足しにもならないけど追加しときます(笑)。

46年公開「荒野の決闘」。
ご存知ワイアット・アープとドク・ホリディが組んでクラントン一家と戦うヤツです。

荒野の決闘
荒野の決闘

「OK牧場の決闘」に関連してはその後沢山製作されていますが、「荒野の決闘」のリメイク版;57年「OK牧場の決斗」の方が楽しめました。
ドク・ホリディ役は、57年版のカーク・ダグラスの方がが決まってましたね。

続いて、36年製作「平原児」。
ガンマン;ワイルド・ビル・ヒコックをゲィリー・クーパーが演じています。

平原児
平原児

最後に、35年製作、アカデミー賞作品賞を受賞した「戦艦バウンティ号の叛乱」。
これは史実を基にした映画で、後にリメイクされ、マーロン・ブランド主演の「戦艦バウンティ」(62年製作(これは観たことがあります。))、メル・ギブソン版「バウンティ−愛と反乱の航海」(84年)があります。

戦艦バウンティ号の叛乱
戦艦バウンティ号の叛乱

我が国で封切られたのが昭和10年、太平洋戦争へまっしぐらの時代ですから、軍人の反乱はけしからん! ということで、ズタズタにハサミが入って公開されたそうです。
しかも「南海征服」という名で。

Wikipediaによると、反乱士官クリスチャンをリーダーとする一行は当時存在を知られていなかったピトケアン島に辿り着き、海岸でバウンティ号を焼き払い住み着いたということです。
前村長はクリスチャンの子孫だったとか。

なお、ピトケアン島は、04年に島の(ほとんどの)成人男性による幼児性的虐待事件で有名になりました。
ただ、島の特殊な歴史的背景を考慮すると、現時点での我が国の常識や法律で判断することは危険であると解されます。

Wikipediaでも指摘していますのでご紹介しておきます。
(Wikipediaに記載されていることはすべて事実である、と解することは危険を伴います。自己責任でどうぞ!)

バウンティ号の反乱

ピトケアン諸島少女性的暴行事件

今回はこの辺で。



昨夜は久しぶりに「ブレードランナー」を観ました。
毎回のように新たな発見があって楽しめます。

ディレクターズカット ブレードランナー 最終版
ディレクターズカット ブレードランナー 最終版

最近観たシネマ(DVD)

  • 2007.07.26 Thursday
  • 21:14
夏バテで思考力が低下していますので、最近観たシネマの話などを。

と言っても中身を説明するのは面倒なので、とりあえず羅列したいと思います。
一応、アマゾンの該当DVDのリンクを貼りますね。
(万が一購入されるときには検索されることをお勧めします。他に安いのがあったりしますので。)

まずは98年製作の「シティ・オブ・エンジェル」。

シティ・オブ・エンジェル 特別版
シティ・オブ・エンジェル 特別版

どちらかと言うと「ベルリン・天使の詩」の方が好きです。

ベルリン・天使の詩 デジタルニューマスター版
ベルリン・天使の詩 デジタルニューマスター版

次は75年製作の「バリー・リンドン」。

バリーリンドン
バリーリンドン

75年といえば、報道写真科に在籍していて手当たりしだい映画を観ていた頃、でも「バリー・リンドン」は記憶にないですね。

続いて02年製作の「抱擁」。

抱擁
抱擁

で、03年製作の「トスカーナの休日」。
タイトルとジャケットの写真に惹かれて購入したんですが...
(ダイアン・レインの写真、修整してない?)
原作は全米で200万部のベストセラーになったそうですが、それなりに面白かったです。

トスカーナの休日
トスカーナの休日

どんどん行きます。
01年製作の「ライ麦畑をさがして」。
J.D.サリンジャーの『ライ麦畑をつかまえて』を題材にした青春映画です。
私が同書を読んでないと聞いて、「ツマンナイ奴ね」というような顔をした東大経済学部卒の○○士;みゆきちゃんは今はどうしているんだろうか...?

ライ麦畑をさがして
ライ麦畑をさがして

続いて韓国映画を3本。
まずは済州島を舞台にしたラブストーリー、「恋風恋歌」。
韓国版の字幕は笑えます。

????
????

チャン・ドンゴンはラブストーリーが悪いとは言わないけど、「アナーキスト」の方がカッコいいですね。

アナーキスト
アナーキスト

「コースト・ガード」では精神に異常をきたしていく過程をうまく演じていました。

コースト・ガード
コースト・ガード

「涙の女王」ことチェ・ジウのコメディ映画「ファースト・キス」。
つまらなかったですね。

ファースト・キス
ファースト・キス

遅ればせながらイ・ビョンホンの「バンジージャンプする」。
「うーん、そんなことアリ!?」というのが観終わった直後の感想。
恋人テヒを演じたイ・ウンジュ、なぜ自殺したんでしょうかね。これからの人生だったのに。

バンジージャンプする
バンジージャンプする

久々にチョウ・ユンファの「ハード・ボイルド」。
トニー・レオン、ジョン・ウーが共演しています(ジョン・ウーは監督兼務)
「男たちの挽歌」に比べたら落ちますが、そうは言っても2回目にもかかわらず楽しめました。

ハード・ボイルド/新・男たちの挽歌
ハード・ボイルド/新・男たちの挽歌

なお、韓国とか台湾シネマはyesasia.comあたりで字幕付を購入するのも手です。

ここ連日はワンコイン・シネマを。
まずは51年製作(私の生まれる前ですね)の「怒りの河」。

怒りの河
怒りの河

続いて52年製作の「真昼の決闘」。
決闘シーンは大したことはありませんが、誰も協力してくれない、ゲイリー・クーパーの孤独感がいい感じです。
また、往時のグレイス・ケリーを見ることができます。

真昼の決闘
真昼の決闘

53年製作の「悪魔をやっつけろ」。
ハンフリー・ボガードはやはり「カサブランカ」が一番だと思います。

悪魔をやっつけろ
悪魔をやっつけろ

今回は観ていませんが、「As Time Goes By」が流れる43年アカデミー賞受賞「カサブランカ」はこちらから。

カサブランカ
カサブランカ

「As Time Goes By」もいいけど「Summertime」もgood!という方には、「ラプソディ・イン・ブルー」のガーシュインを描いた45年公開「アメリカ交響曲」がよいかもしれません。

アメリカ交響楽
アメリカ交響楽

作中、ガーシュインの曲が流れますので、ファンには必見かと思います。
映画の中で小説「ポーギー」を原作としたオペラ「ポーギーとベス」のシーンがありますが、そこで「Summertime」が唄われます。
「ポーギーとベス」を聴くならこちらがいいかもしれません。

ポーギーとベス
ポーギーとベス
エラ・フィッツジェラルド&ルイ・アームストロング, エラ・フィッツジェラルド, ルイ・アームストロング, ジャッド・コンロン・シンガーズ, ラッセル・ガルシア・オーケストラ

「Summertime」といえば阿川泰子の「サマータイム」がよかったなぁ...
20年近く前、TVのCMで不可思議な映像が流れていました。コピー機の三田工業のヤツです。
空を空母が飛んでいるものとか色んなパターンがありました。
その後、他のCMでクジラが空を飛んでいるのもありましたが、同じ発想だったんでしょうね(パクリとまでは言いません)。

さらに、ローレンス・オリヴィエの「無敵艦隊」(37年製作)。この映画がきっかけでヴィヴィアン・リーと結婚したそうです。

無敵艦隊
無敵艦隊

青いけどこういう議員がいたら世の中はもっと良くなるかも、と思わせてくれるのが39年度アカデミー賞原案賞を受賞した、
「スミス都へ行く」。
若き日のジェームズ・スチュアートが好演しています。

スミス都へ行く
スミス都へ行く

最後に2本。
まずは「イタリアの宝石」といわれたモニカ・ベルリッチの「マレーナ」。
「ニュー・シネマ・パラダイス」のジュゼッペ・トルナトーレ監督による01年作品です。

マレーナ
マレーナ

その昔、教科書だったか写真雑誌だったか、
第2次世界大戦時、連合軍により解放されたヨーロッパの市街地で、頭を丸坊主にされた女性達が住民に追われている姿を撮った写真を見て、
「一体何をしたんだ、ナチの協力者だったのか?」と思った覚えがありますが、
この映画を観て、「もしかするとコレが理由だったのか」と昔見た写真を思い出した次第です。
それにしてもモニカ・ベルリッチ、---- 美しい!

最後の1本、
先に引退してしまったポール・ニューマンの「評決」(82年製作)。
ダメ弁護士が勝利を勝ち取る物語ですが、我が国でも裁判員制度が始まります。その点からも興味深かったです。

評決
評決

「評決」には73年製作「愛の嵐」のシャーロット・ランプリングが出演しています。私は彼女の姿を久々に観ました。
映画館で観たのは75年頃、多分、池袋文芸座でだったと思います。それ以来ですから約30年ぶりですね。

愛の嵐-無修正ノーカット完全版-
愛の嵐-無修正ノーカット完全版-

上半身裸にサスペンダーとズボンを身にまとい、ナチの帽子を被り、黒手袋をしたシャーロット・ランプリングの姿は、
当時驚きをもって迎えられたように覚えています。

結末は悲しい物語です。


以上です、洩らしてしまったシネマもあるかもしれませんが。

こうしてピックアップすると、結構観ていますね、わずかの期間に。
ま、テレビを見ないので、それほど負担にはなっていませんけど。

負担になった(?)のはこのブログを書いた時間。
2時間ほどかかってしまいました。
これじゃ「物権的請求権」の方が時間をかけずにすみましたね。

本末転倒とはこのことでしょうか。


ラブストーリーを君に!

  • 2007.06.24 Sunday
  • 00:11
ちょっと歯の浮くタイトルですが、
このところ「辛い」話題が多かったので。

「ラブストーリーを君に」、15年ぐらい前にTV放映されたドラマのタイトルです。
これ、一度も見ませんでしたが、タイトルだけは覚えていました。

このところ久々に韓国ドラマを観ています、時間ができましたので。
まずは16回シリーズ(16時間超)の「ラブストーリー・イン・ハーバード」。
あらすじを知りたい方は、アマゾンでどうぞ!

ラブストーリー・イン・ハーバード DVD-BOX 1
ラブストーリー・イン・ハーバード DVD-BOX 1
(DVD-BOX 2もあります。)

前半8回分はハーバード・ロー・スクールが舞台ですが、後半は韓国お得意のドロドロ劇(陰謀あり、難病あり、純愛ありetc)です。
今回が初めての鑑賞と相成りましたが(もう1回観るかといわれれば、? ですね)、ヒロインの「キム・テヒ」がかわゆくって一気に3日間で観ました。

次は、4年ぐらい前地上波で放映された「オールイン」。
仕事で上京した頃だったため、最初の3回分を観はずしていましたし、途中もところどころ中途半端に観ていましたので、
今回改めて観ています。

オールイン DVD-BOX 1
オールイン DVD-BOX 1
(これもDVD-BOX 2が発売されています)

イ・ビョンホンといえば次の「美しき日々」の方が女性受けするでしょうが、男性にはこちらが楽しめるかもしれません。
「ゴッド・ファーザー」のパクリとか、「ブルースリーの親戚」、「チョウ・ユンファ(男たちの挽歌)」とかが台詞の中に出てくるところをみると、制作関係者の中にアクション(ノワール)好きがいたのかもしれません。

イ・ビョンホンは韓国のチョウ・ユンファだ、と私は思っているんですが、どうでしょう?

この3日間で20話まで観ました。
ということは1日に平均して7時間あまり、少々目に疲労感があります。
しかしながら、こういうドラマは一気に観ないと面白くありません。

このドラマのヒロイン、「ソン・ヘギョ」も日本人好みではないでしょうか?

で、次も皆様ご存知の「美しき日々」。
こちらは純然たるラブ・ストーリーですかね。
お決まりの陰謀、難病、純愛は当然のごとく織り込まれていました。

美しき日々 DVD-BOX 1
美しき日々 DVD-BOX 1

最後に、イ・ビョンホンの魅力がもっとも出ているんじゃないかと思える「甘い人生」。
「韓国のチョウ・ユンファ」と私が呼ぶ所以の映画です。

甘い人生 完全版 DVD-BOX (初回限定生産)
甘い人生 完全版 DVD-BOX (初回限定生産)

タイトルは「甘い人生」ですが、
実のところ全然「甘くない」人生を演じています。
「辛い」人生といえるかもしれません。

ノワール好きな方は、一度は観てよいかもしれません。




「硫黄島からの手紙」

  • 2007.06.08 Friday
  • 22:29
を観て来ました。
以前ご紹介(?)しましたお隣り鹿屋市のミニシアターで、です。

確か5月の初めにDVDを買って観たばかりなんですが、
ミニとは言ってもシアター、音響はPCスピーカーの比じゃありません。
存分に楽しんできました。

ただ、セリフを真剣に吟味して現代に引き直しますと、なんだか切なくなる映画ですよね。
「靖国」のくだりとか。

硫黄島がアメリカの手に陥ちたのは、私が生まれる10年ちょっと前のことです。
平和な時代に生まれてよかった!
と実感した次第です。



--------------------------------------------------------

今日は最終日で、明日からは「父親たちの星条旗」です。
いずれ観にいく予定です。

それにしてもクリント・イーストウッド、頑張っている、
と思いますがどうですか?

ライク・ア・ヴァージン

  • 2007.06.03 Sunday
  • 17:42
けっこう映画が好きです。
といっても映画館のないこの地域、DVDを観ざるを得ません。
(ミニシアターがお隣り鹿屋市にできたことは以前お話したとおりですが)

事務所には開業以来この2年間に買い溜めたDVDがそこそこあります。
先ほどざっと数えたところ、250本程度ありました。
そのほとんどは既に観ていますが、4,50本程度はまだです。

で、暇なときには事務所のPCで鑑賞と相成ります。

今日は先ほどまで、二コール・キッドマンの「ムーラン・ルージュ」を楽しみました。
詳細はアマゾンを見ていただくとして、

ムーラン・ルージュ
ムーラン・ルージュ

ムーラン・ルージュ、
まさにキッドマンの美しさを堪能させるための映画、
なんじゃないかと思います。

あと、聴き覚えのあるポップナンバーがこれでもかこれでもかと流れますが、
マドンナの「ライク・ア・ヴァージン」を「むくつけき;coarse and uncivilized 」男どもに歌い躍らせたのには驚かされました。



前出のものですが、梅雨の合間ということで(今、雨がやんでいます)。


この「コールドマウンテン」

コールドマウンテン
コールドマウンテン

なんかもキッドマンのファンにはたまらないかもしれませんね。私はこれでファンになりました。

昨夜は、これを観ました、自宅で。

あなたのために
あなたのために

あまり期待していなかったけど、まあまあでしたね。
ヒロインの顔が時間と共にたくましくなっていくのがよく撮れていました。
まさに「母は強し」です。

以前、映画を検索していたところ、どこかで聞いた(見た)ような解説(感想)にぶち当たりました。
でよくよく見ますと、かつて自分が書いた文章でした。
そのサイトは全然手を入れていませんが、いまだに残っています。

ところで、映画の感想は、観る人の主観や環境によって結構異なってきますので、このブログではできるだけ書かないようにしています。

あるセリフに他の人がグッと来ていようがいまいが、笑い飛ばすことがあっても別に不思議ではないですからね。
シアターではそういうわけにはいきませんが、DVDはその点、便利だとも言えます。
ただ、画面が小さいのが難点です。

50インチ程度のモニターが欲しい昨今です。

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

本日の名言・格言

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

税務訴訟と要件事実論
税務訴訟と要件事実論 (JUGEMレビュー »)
平野 敦士,佐藤 善恵,村井 淳一,岡野 訓

recommend

recommend

租税訴訟実務講座
租税訴訟実務講座 (JUGEMレビュー »)
大野 重国,木下 雅博,東 亜由美

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

法と経済―効率性と社会的正義とのバランスを求めて
法と経済―効率性と社会的正義とのバランスを求めて (JUGEMレビュー »)
ジェフリー・L. ハリソン, Jeffrey L. Harrison, 上田 純子

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM